【ポケモンSM】シーズン6使用構築 瞑想コンチェルト 【最高最終2006】

 

s6お疲れ様でした。いきなり言い訳から入るのもあれですが、今期はモチベが全く上がらずptも迷走に迷走を重ねてようやくできあがったものなのですが、2000に乗せるのも最終日になってしまい結局そのまま撤退という形で終わってしまいました。正直諦めかけていたのですがせめてSM全シーズン2000達成くらいはしておきたかったので残り3日になってから死ぬ気で潜りどうにか乗せることが出来ました。今までのラティクチを使ったシーズンの中では一番レートが低く、悲しい結果でSMを終えることになってしまいましたが戒めの意も込めて記事を残そうと思います。

今季使用した並びがこちらf:id:maygirl_pokemon:20171111131021p:image

f:id:maygirl_pokemon:20171110030249j:plain

最終日TL見たら全人類21乗せてて恥ずかしい

 

・個体解説

f:id:maygirl_pokemon:20171110022029g:plain

ラティアス@ドラゴンz

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 28-0-4-236-20-220

実数値 159- -111-160-153-173

技構成

流星群、サイコショック、瞑想、羽休め

 

調整

s 準速マンダ抜き

HD D+1とD+2状態で特化レヒレのムンフォを2耐え(対面で瞑想を2回積める)

残りC

 

拘ったラティアスが環境的にきつすぎると感じ、多くの特殊アタッカーを起点にできる瞑想羽休め型を使ってみた。身代わりを全く警戒しないで平気で毒を打ってくる連中が多かったので身代わりも欲しかったですが、リザードンガブリアスに対面で勝つためや、その他の処理速度を上げるためにCSでドラゴンzとなった。このポケモンで3タテすることも少なくなく、特殊ポケモンへの詰ませ性能はさすがだと思った。前期の影響で瞑想型はショック1ウェポンと思われることが多く、物理受けなどがホイホイやってきたのでこの型の刺さりは悪くなかったと思われる。

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110021942g:plain

メガクチートクチートナイト

性格  意地っ張り

特性 威嚇→力持ち

努力値 140-196-0-0-0-172

実数値 143-165-145- -115-92

技構成

じゃれつく(最終日三日前からアイアンヘッド)、はたき落とす、不意打ち、剣の舞

 

調整

s 4振りムドー抜き

A 11n

残りH

 

前期にクチートを使っていて剣舞を全く考慮しない立ち回りをあまりに多くされてヘイトがたまっていたのでわからせてやろうという気持ちで久しぶりの剣舞採用。流行の受けサイクルやその他の受けループ、低速サイクル、トリルパをこのポケモンでボコボコにしていた。剣舞不意の脅威こそは落ちたもののこのポケモンの崩し性能はピカイチだと思う。じゃれつくを終盤にアイヘに変えたのは、このptのクチートの役割的にじゃれを打つ相手のほとんどがアイヘで間に合い、むしろアイヘにすることでモロバレルフシギバナに打点が持てたり初手にめちゃくちゃ出てくる耐久振り眼鏡テテフなどをワンパンできたりと得することが多かったから。ただじゃれがないのがばれるとバシャやギャラに舞放題されるためギャラドスが非常に重い構築となってしまった。(構築的にマンダは切っていいレベルで出てこないのでそこは気にならなかった)

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022023g:plain

ゲッコウガ@ラムのみ

性格 臆病

特性 変幻自在

努力値 12-4-76-172-0-244

実数値 149-104-97-145-91-190

技構成

波乗り、冷凍ビーム、悪の波動、影打ち

 

調整

B方面 陽気ガブの逆鱗最高乱数以外耐え(≓陽気ガッサのがんぷう×2)

s 最速120族抜き

残りC、あまりA

 

所謂7世代型信用可能ゲッコウガ。構築の補完枠として最後に入ってきた1匹。流行のカバマンダガルドやバレルドランへの回答であり、構築で重いガッサやフェローチェを対面でごまかしたりする。技構成はバシャやドランに打つ波乗り、汎用的な打点として冷ビ、ガルドやゲンガーに打つ悪は、そしてガッサのマッパンを空かせ、フェローチェやバシャの膝を割る影打ちで決まり。ガッサや催眠ゲンガーにも勝てるため対面性能こそは高かったが火力がマジで無いため突破力がない。ポリ2などの数値受けに弱いためクチート軸との相性はかなりいいと思う。ギャラドスに無限回舞われるのでギャラ入りには選出が阻まれる。

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110014534g:plain

テッカグヤ@バンジのみ

性格 腕白

特性 ビーストブースト

努力値 252-4-132-0-84-36

実数値 204-121-154-114-132-86

技構成

ヘビーボンバー、火炎放射、宿り木の種、守る

 

調整

有名なやつ

 

ラティクチで重いテテフ、ミミッキュマンムーのごまかし枠。宿り木を打つかヘビボンを打つかは相手の並びを見て判断。バシャが受からない構築なのでバシャ入りには基本的に宿り木を連打して裏のラティに回していた。(宿り木込みで受かる)過労死枠でもありこいつに頼りすぎるといつの間にか4んでるみたいなことが多々あった。

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022349g:plain

ボルトロス@デンキz

性格 臆病

特性 蓄電

努力値 100-0-0-156-0-252

実数値 165- -90-185-100-168

技構成

10万ボルト、目覚めるパワー氷、挑発、悪巧み

 

調整

s 最速

A-1ミミッキュのフェアリーz+影打ち確定耐え

H151ミミッキュがデンキzで高乱数1発

 

ラティに続いて特殊の崩し枠。耐久ポケモンを挑発で封じて悪巧みでサイクル破壊を狙う。トリル展開も阻止できるためポリクチなどにも強く出られた。また壁展開やバトン構築、その他のギミック系の構築を止められるためシーズン終盤に増える不穏なptに強いのは心強かった。

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022415g:plain

ランドロス@拘りスカーフ

性格 陽気

特性 威嚇

努力値 4-252-0-0-0-252

実数値 165-197-110- -100-157

技構成

地震、岩雪崩、馬鹿力、蜻蛉帰り

 

調整 特になし

 

いつもの。バンギやポリ乙が増えたためより活躍の場が増えた。ラティクチの相棒みたいなやつ。最近はコケコスカランド対面ちゃんと引いてくる人間が多くなったので脳死地震はそこまで通らなくなった。

 

きついポケモン

ゲッコウガ 誰も受からん。襷激流とか激流ミズzが増えたせいでランドゲッコでも処理が安定しなくなった。

 

ギャラドス 隙を見せるポケモンが多すぎてやばい。上手く立ち回られると大体タテられる。

 

メタグロス 全員に抜群をとられるので相手しにくい。

 

炎+妖(バシャテテフ、テテフリザミミッキュなど) カグヤとラティでサイクルを回すが火力の差で押し負けやすい。

 

 

最後に

SMのレートがこれで全て終わったわけですが目標の2100が達成できていなかったりとまだまだ未熟だということを実感しました。正直レートに少し疲れてしまったのでちょっとポケモンから離れたい気持ちもあったりします(どうせUSM出たらやる)またモチベが出てきたら2100を目指して精進していきたいです。それではみなさんSMお疲れ様でした。

 

Twitter @pokemon_yabu

【ポケモンSM】シーズン5使用構築 ラティクチゲッコver.3 走刺旋盤神劔【最高2082 最終2063】【最終86位】

s5お疲れ様でした。今季もラティクチで結果を出せたので記事書きます。今季使ったパーティはこちらです。

f:id:maygirl_pokemon:20170912034120p:image

f:id:maygirl_pokemon:20170912054823j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170912054832j:image 

f:id:maygirl_pokemon:20170912134314j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170912134318j:image

最高レートがメインロムの2082、最終レートが最終日の早朝に特攻して爆上げした2063となりました。

またまた21逃して悔しさは残りましたが、レート放送を始めたり、オリジナル性のあるポケモンを使えたりと個人的には楽しめたシーズンでした。

 

・個体解説

f:id:maygirl_pokemon:20170912040609g:image

ラティアス@拘り眼鏡

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 12-0-4-236-4-252

実数値 157- -111-160-151-178

技構成

流星群、サイコキネシス、10万ボルト、シャドーボール

 

調整

csメガゲンのシャドボ最高乱数以外耐え、コケコの眼鏡マジシャも同様

意地ミミッキュの剣舞影うち最高乱数以外耐え

最速、残りc

 

前季のスカーフラティから一転してまた眼鏡に戻ってきました。いつもよりサイクルを重視した構築となったためストッパーとしてのスカーフよりも負担をかけていける眼鏡の方が機能すると思い採用に至りました。眼鏡にすることで本来苦手なテッカグヤやレヒレに押し勝てたりギルガルド読みのシャドボを決めたりと出せば予想以上の仕事をしてくれるポケモンでした。そして可愛い。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170912055647g:image

メガクチート@クチートナイト

性格 意地っ張り

特性 威嚇→力持ち

努力値 172-196-0-0-0-140

実数値 147-165-145- -115-88

技構成

じゃれつく、はたき落とす、雷パンチ、不意打ち

 

調整

s12振りブラッキー抜き、アシレマリルリ意識のs調整

A+1ミミッキュのzシャドクロ高乱数耐え(81.3%耐え)

雷パンチでHBドヒドイデがヘドロ込みで確2(だった気がする)

 

前季に引き続き採用した雷パンクチート。アシレが減ったので雷パンは剣舞か炎の牙に変えた方がいいかもしれないです。環境に多かった身代わり持ちのボーマンダに強く、マンダ軸に対してかなり刺さりました。ただ相変わらず命中不安と上からのz技の恐怖がつきまといハラハラさせられましたね😅 今季は水タイプがみんなミズzを持っていてクチートを洗い流してきたのでスイクンやレヒレ、ゲッコウガサメハダーに対して出すことができなくなってしまいました。これが雷パンの要らない理由の一つでもあります。ドヒドも火傷しなければ剣舞叩きで押し切れるので来季の剣舞採用は濃厚かもしれません。キツイ環境の中この子もよく頑張ってくれました。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170912060901g:image

ゲッコウガ@ミズz

性格 臆病

特性 変幻自在

努力値 0-0-0-252-4-252

実数値 147-90-87-155-92-191

技構成

ハイドロカノン、水手裏剣、冷凍ビーム、目覚めるパワー(炎)

 

調整  特になし

 

軽くこのポケモンの中毒になりつつあります。環境にバシャマンダやランドロスが多いので切ることができないポケモン。最近はミズzがものすごく増えたためz読みの行動をされることが多く、以前ほど簡単にz技を打てなくなってしまいました。マンダドランがその最たる例であり、ドランにゲッコウガを投げると守るかマンダバックをしてミズzをすかしにくるので僕はドラン対面でひたすら冷凍ビームを押してました(白目) マンダ+毒ガルドの並びが非常に多く、その並びで来られると全く太刀打ちできなくなってしまうのでめざ炎を切って悪の波動を入れるのもありかもしれません。ゲッコウガギルガルドで見ようとしてくる人たちをわからせてやりたいですね。ラティクチ以外で唯一の3シーズン連続採用のポケモンであり、今季も期待通りの活躍をしてくれました。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170912062033g:image

サンダー@マゴの実

性格 穏やか

特性 プレッシャー

努力値 204-0-28-4-156-116

実数値 191- -109-146-143-135

技構成

ボルトチェンジ、熱風、毒毒、羽休め

 

調整

HP 16n-1

s 最速キノガッサ(70族)抜き

 

HD方面

C特化ギルガルドのzシャドーボールで87.5%の確率でマゴの実発動(被ダメ73.8%〜86.9%)

マゴの実が発動しなかった場合の次のターンの影うち(A170想定)を確定耐え

 

HB方面

陽気ランド(A197)の岩石封じを超高乱数2耐え(瀕死率5.1%)

Dをマゴの実確定発動まで削ってBに回そうか迷ったのですが、Bに回したところで岩石封じの乱数が変わらなかったのでDに振り少しでも耐久値を上げることにしました。

 

今季の構築の目玉であり自慢の型。ラティクチに欠かせないギルガルド対策の1匹。前季にギルガルドのz受けとしてチョッキエンテイを使っていて、レヒレが重かったりポリ2などの高耐久ポケモンで簡単に止まってしまうことが多々あったので、ギルガルドのzを受けてサイクルを回しつつ、レヒレやその他の高耐久ポケモンをまとめて潰せるマゴの実持ちの穏やかサンダーを採用しました。マゴの実を持たせることでギルガルドへの後出しが安定し、z技を被弾した後でもマゴの実により体力が半分以上残るため次のターンの行動に余裕ができ、その後のサイクルの受け出しも効くようになります。半分回復きのみは初めて使ったのですが、オボンの実よりもサイクルでの受け出しできる回数を増やすという点では優れており、何より発動した時のアドバンテージが大きかったです。ギルガルドメタとして採用したのですが、絶妙な耐久とマゴの実のシナジーにより陽気ランドまでなら岩石封じに対して後出しからでも毒殺できるという強烈な副産物まで得てしまいました。岩石封じのおかげで後攻羽休めができるので羽休め読みの地震も通らず、マゴの実により3回の行動保証があるためこういった役割対象外のポケモンまで潰してくれました。ラティアスランドロスによく後出しされるテッカグヤなどもサンダーを突破する手段がないので、変に交換読みをせずにサイキネや地震を打てるというのも強みだなと思いました。調整通りの試合展開ができたりと活躍させられて良かったのですが、毒ガルド入りのサイクルをこのポケモンでは崩さないという欠陥があったため来季はその辺も考慮した並びを作りたいです。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170912070304p:image

ランドロス@拘りスカーフ

性格 陽気

特性 威嚇

努力値 4-252-0-0-0-252

実数値 165-197-110- -100-157

技構成

地震、岩雪崩、馬鹿力、蜻蛉返り

 

調整 特になし

 

s2で使っていたランドラティの並びをもう一度使いたくて採用しました。今季はガルーラスタン増えたため後述のカミツルギと組み合わせた2体の並びがとても強力でした。最速スカーフランドはメガギャラやポリ乙などの積みポケモンのストッパーとしてかなり優秀であり、HP管理をすればリザxも止められるのでラティクチの裏として非常に良い仕事をしてくれました。ミミッキュに対しても威嚇を入れて蜻蛉返りから裏につなぐことができ、やはりこのポケモンは強かったです。シーズン終盤のこいつの自覚は凄まじく、雪崩で怯ませて勝った試合も結構ありましたね(小声)

 

f:id:maygirl_pokemon:20170912072900j:image

カミツルギ@ノーマルz

性格 陽気

特性 ビーストブースト

努力値 4-228-4-0-44-228

実数値 135-230-152- -57-173

技構成

リーフブレード、聖なる剣、ギガインパクト、剣の舞

 

調整

s 準速マンダ抜き(最速105族抜き)

HD方面 無振りクレセの冷凍ビームほぼ2耐え(瀕死率1.2%)

剣舞zギガインパクトでHBドヒドイデを高乱数1発(瀕死率87.5%)

A+1zギガインパクトで無振りメガボーマンダを確定1発

zギガインパクトでメガバシャ、H振りリザy、大抵のボルトロスを確定1発

剣舞リーフブレードでHBメガヤドランを中乱数1発(瀕死率43.8%)

 

 

ここまででガッサの胞子が一貫しているため、受けループ崩しと胞子対策を兼ねたポケモンとしてカミツルギを採用。最初はメガヤドランドヒドイデを確定で飛ばせるクサzで使っていたのですが、リザやバシャやマンダがいるだけで選出が阻まれてしまうので汎用性を求めてノーマルzにしました。ノーマルzにしたことで受けループの他にカバリザやガルーラスタンなども見られるようになり選出機会がものすごく増えたので良かったと思います。レート1900あたりからガルーラスタンとのマッチングが増えたのですが、環境に多かったガルガッサミミッキュなどの並びに滅法強く、サンダーやランドのとんボルチェンで襷や化けの皮を剥がしてカミツルギの一貫を作る動きが非常に刺さりました。サンダーランドがガッサより速いため襷を潰しつつ胞子をすかす立ち回りが強力で、カミツルギ読みのマッハパンチサンダーランドに入るため安全にカミツルギを降臨させることができます。一度使って見たかったポケモンの1匹ですが、うまく環境に刺していくことができて良かったです。

 

個体解説は以上です。

・立ち回り

ランドゲッコ@1の選出が最も安定して強く、技範囲の広いラティ、マンダ軸に刺さるクチート、ガルドやカグヤが面倒な時のサンダー、低速サイクルを潰すカミツルギと役割を分担することで安定してサイクルを回すことができます。相手によっては対面的に立ち回ることも。

 

・きついポケモン、並び

1.スカーフテテフ

初手で来るならランドラティやランドゲッコでどうにかなったりするけど、裏から通す立ち回りをされると大抵負ける。臆病スカーフは無理。

 

2.毒ガルド入りのサイクル

崩せない。ゲッコをガルドで見てくるのやめて。

 

3.催眠ゲンガー

4。俺のこと催眠ゲンガーで2回も3タテしたTN ?a?o?a出てこい。ブロックしてやる(過激)

 

4.フェローチェ

解散!w

 

ということでs5の構築記事は以上となります。今季はレート放送を始めたりと様々なことがあり非常に楽しいシーズンとなりました。来季こそは21に乗せたいと思うので応援の方をよろしくお願いします(n回目) また、放送もたくさんやっていこうと思うのでそちらもよろしくお願いします。

 

Twitter  @pokemon_yabu

【ポケモンSM】シーズン4使用構築 ラティクチゲッコver.2〜JUMP! 爆炎の帝〜【最高2081 最終2065】【最終順位100位】

s4お疲れ様でした。いつも通り(?)今季も2100逃しました←。終盤に2054から1740までレートを溶かした時はどうなるかと思いましたがどうにか2000に復帰し、最終日に負けたら終了縛りで潜り始め、2081まで行ったところで負けて撤退しました。今季はラティクチ使いの強い方たちと意見を共有し、レート以外にも様々な収穫があったのでそれらも書き残そうと思います。
今季使用したパーティがこちらです。

f:id:maygirl_pokemon:20170718161734p:image

 最高レート、最終レートがこちら

f:id:maygirl_pokemon:20170718122848j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170718122853j:image

f:id:maygirl_pokemon:20170718144700p:imagef:id:maygirl_pokemon:20170718144703p:image

さて、今季はラティクチ界隈で何回か会議のようなものを行ったわけですが、その結果ラティクチの構築を組む上での結論、鉄則のようなものが生まれてきました。自分なりにまとめて見たのがこちらです。

1.ギルガルド対策

2.ガッサの胞子対策

3.受けループ対策

4.地面枠(電気無効枠)

5.ゲンガーに弱くない水枠

これらの条件を満たし且つ、ラティクチ+草水炎地面タイプを持ったポケモンで裏を組むことができれば構築としてかなり完成度が高くなるという結論に至りました。これが所謂†ラティクチ結論パ†です。以下の個体紹介ではこのことを踏まえて見ていただけると幸いです。

 

個体紹介

f:id:maygirl_pokemon:20170718123949g:image

ラティアス@拘りスカーフ

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 12-0-4-236-4-252

実数値 157- -111-160-151-178

技構成

流星群、サイコキネシス、冷凍ビーム、シャドーボール

調整

C実数値222メガゲンガーシャドーボール、C実数値147カプコケコの眼鏡マジカルシャイン最高乱数以外耐え(瀕死率6.3%)

Sは最速、残りをC、余りをB

火力目安

サイコキネシスで耐久無振りメガゲンガーメガバシャーモを確定1発

冷凍ビームで大抵のランドロスメガボーマンダを確定1発(チョッキ、HD以外)

後述のクチートの不意打ち+シャドーボールでH振りギルガルドを処理可能

流星群で耐久無振りゲッコウガをギリギリ落とせない← (乱数25%)

 

催眠ゲンガーとメガバシャーモに殺意を持った最速スカーフラティアス。最近は裏に受けられるポケモンがいるにも関わらず初手催眠を打ってくる バ̶カ̶ 不届き者ばかりだったので何としてでもそういった輩を懲らしめてやりたいという想いから採用したポケモン。催眠ゲンガーは基本的に攻撃を食らわないで眠らせる前提のポケモンなので耐久無振りが多く、前季に続いて今季もそればっかりだったのでサイキネでワンパン出来ることが多く、ゲンガー入りのパーティには非常に刺さりました。 ゲンガー使いはみんな初手に投げて催眠ぶっぱしてきたのでドヤサイキネでゲンガー56すの最高だったんだ…w  また今季からメガバシャーモの解禁により加速バトン構築が増えて、sの上がったカプレヒレやテッカグヤを止める手段があまりにも少なかったので、加速バトンされる前に狩ろうということでバトンを匂わせるパーティには積極的に初手に投げていました。orasと違い今作ではスカーフテテフを抜くために準速か最速のメガバシャーモが多いイメージだったのでサイキネで落とせることが多かったです。他にもカプコケコやゲッコウガに対し後出しから強引に削りを入れたり、リザxやスカーフガブリアスのストッパー、ランドラスやボーマンダへの冷凍ビームなどとKP上位のポケモンに対してかなり仕事ができました。

選出率ですが、今季はどのポケモンも同じくらいの選出率だったので省略させてもらいます。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170718133843g:image

メガクチート@クチートナイト

性格 意地っ張り

特性 威嚇→力持ち

努力値 172-196-0-0-0-140

実数値 147-165-145- -115-88

技構成

じゃれつく、はたき落とす、雷パンチ、不意打ち

調整

意地っ張りミミッキュのA+1ゴーストzを高乱数耐え(瀕死率18.8%)

一般的なブラッキー抜き、大抵のアシレーヌ抜き

残りをA

この調整はけいまさんのs3のブログを参考にしました。

 http://keimapokemon.blog.fc2.com/

 

火力目安

雷パンチでH振りアシレーヌを確定1発

耐久振りも高乱数1発

雷パンチでHB特化ドヒドイデを確定2発

 

アシレーヌマリルリ、ブルルドヒドイデやカグヤ入りのオタクサイクルを56すクチート。打つ場面の減った炎の牙を切ってはたき+雷パンで役割範囲を広げました。前季にアシレーヌが増えた為、その対策としてsを振ったりしたのですが、アシレーヌ自体は今季は少なく、その代わりにテッカグヤポリゴン2にかなり強く出られる駒となった為この調整は間違っていなかったと思います。H振りテッカグヤに対して雷パンチが8割近く入る為一発ブチ込めればほぼ機能停止に追い込むことができます。炎の牙を切ったことに関してですが、クチートミラーやハッサム対面が減ったことと、ナットレイ対面を作っても素直に炎の牙を打つことが無く、大体交代読みのじゃれつくを選択していたのでいらないんじゃないかってなったんですよねw 実際炎の牙が欲しいと思った場面はなく、ゲンガーブラッキーやマリゲンポリ2みたいなパーティをはたき+雷パンで蹂躙できるのでこの構成はお気に入りです。 受け回してくるパーティでドヒドイデを後投げされた日にはニヤけが止まりません( ◠‿◠ )

 

f:id:maygirl_pokemon:20170718141127g:image

ゲッコウガ@ミズz

性格 臆病

特性 変幻自在

努力値 0-0-12-248-0-248

実数値 147- -89-154-91-190(王冠未使用)

技構成

ハイドロカノン、水手裏剣、冷凍ビーム、めざめるパワー炎

 

s3で使ったものと同じ個体なので調整はそちらのブログを参照ください。

 

前季から続投の圧倒的な信頼を置いてるポケモン。相変わらず個体値を妥協している() そろそろ王冠使います。1145141919810体のボーマンダを56してきました。来季も活躍期待してます。

レヒレ入りのマンダ軸が重くなるので草zも使ってみたいところですが、ミミッキュやリザx、バシャーモを吹っ飛ばせるミズzも欲しいので難しいところです。レヒレ入りのマンダ軸はゲッコウガ+草枠でマンダの起点にならないように上手く立ち回って見るのがいいと思います。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170718142902p:image

ジャローダ@ゴツゴツメット

性格 臆病

特性 天邪鬼

努力値 196-0-0-116-0-196

実数値 175- -115-110-115-172

技構成

リーフストーム、めざめるパワー岩、光合成、リフレクター

調整

s 最速ウツロイド抜き抜き

C+2リーフストームで無振りミミッキュ高乱数1発(瀕死率87.5%)

 

こちらもけいまさんの型を参考にしました。(けいまさんはカビパラさんの型を参考にしたそうです)

 

ラティクチの草枠、ガッサ対策。リフレクターによるサポートだったり、自らがリーフストームで負荷をかけたりと数値以上の性能の高さを感じました。よくジャローダナットレイを後投げしてくる人がいましたが、鉢巻でもない限りナットレイはゴツメジャローダの餌です。壁を貼って光合成で粘りながら好きなだけリフストを積めます。ゲッコウガと組ませることが多く、ミミッキュランドロスの安定した引き先でもありました。今季はガルーラスタンが増えたこともあってゴツメジャロの刺さり方はかなりいいように感じました。何よりミミッキュに強いのが偉い。ゴーストz+かげうちを耐えるので光合成→リフレクターで切り返すことができます。めざパですが、ウルガモスやリザyに刺さる岩もいいのですが、バシャや鋼タイプの後出しをよくされたり、ドラン+水枠のような並びを崩すのがキツかった為めざ地にした方がいいかもしれません。来季はめざ地を試してみたいです。

 

f:id:maygirl_pokemon:20170718144951g:image

ガブリアス@ドラゴンz

性格 陽気 

特性 鮫肌

努力値 0-252-0-0-4-252

実数値 183-182-115- -105-169

技構成

逆鱗、地震、炎の牙、剣の舞

 

調整  特に無し

 

ラティクチの受けループ対策として採用した大正義ガブリアス。最近はランドロスに地面枠を奪われてかわいそうな扱いを受けているが、使っていてやはりこのポケモンは強いと感じました。相手にかける圧力がランドロスとは段違いで、低速サイクルを一気に崩壊させることができます。地面枠を奪われたランドロスの前で剣舞を積んでzで吹き飛ばすこいつはマジでイケメンだった…/// 余談ですけどガブのドラゴンzのモーションカッコいいですよね。技構成は逆鱗地震が固定で崩しの決め手となる剣舞、テッカグヤナットレイへの打点として炎の牙です。こいつの強さは言わずともみなさんわかっていると思うので特にこれ以上はありませんw

 

f:id:maygirl_pokemon:20170718150129p:image

エンテイ@突撃チョッキ

性格 意地っ張り

特性 プレッシャー

努力値 4-180-4-0-204-116

実数値 191-173-106- -121-135

技構成

聖なる炎、ストーンエッジ、地ならし、ニトロチャージ

 

調整

控えめカプテテフのフィールド込みサイキネを高乱数2耐え(瀕死率25%)

ギルガルドのゴーストz(シャドボ)+シャドーボールを高乱数耐え(瀕死率18.8%)

最速キノガッサ(70族)抜き、ニトロチャージ後130族抜き

残りをA、余りをHB

 

今回の構築のタイトルを飾ったポケモン。こいつの聖なる炎がモンハンのテオ・テスカトルの粉塵爆発を彷彿とさせたので2ndGのトラウマクエスト名をそのまま持ってきました。こいつの採用に至った経緯ですが、元々はウルガモスを使っていて、ガルドやゲンガーの受け出しが効かなかったりバシャーモを後出しされたりテテフが受からなかったりとサイクル性能があまりに低かったので、ガルドに後出しができて、バシャテテフにそこまで弱くない炎枠を探していたらチョッキエンテイもいうものを見つけて試しに使ってみたのが始まりです。エンテイ変えてからガルドに対する安定感がかなり上がり、ガルド入りに対してもラティアスなどを選出しやすくなりました。またこいつの一番の強みでもある5割火傷の聖なる炎はめちゃくちゃ強かったです。有利対面を使って聖炎をぶっぱなすだけで後出しのマンダやランドが焼けて試合が終了したりと多くのイージーウィンをもたらしてくれました。ラティクチで重いヒードランで止まらない炎枠としても評価が高く、重いウルガモスも止められるのでラティクチとの相性はかなりいいはず。地ならしとニトロチャージという双方のs操作ができるのも優秀であり、自らのsを上げて全抜きを狙ったり、地ならしによって起点を阻止したり後続が抜けるようs操作をしたりと多くの相手に対応ができたのもよかったです。リザードン対面は最近xばかりなのと、Yならいくらでも対処が効くということで対面したら思考停止で地ならしを連打していました。ただがんぷうを覚えないのが難点でしたね。ウルガモスに対してもエッジを押さなければならなかったり、地ならしの通らないマンダの起点になってしまうのでマンダ入りに出す場合はクチートなどのストッパーと組ませて選出することが不可欠です。

 

 

個体紹介は以上となります。

パーティで重い相手、並び

1.瞑想レヒレ

起点にされるポケモンが多いのでジャローダのHP管理をしておかないとこいつ1匹で崩壊する。2054から1740まで溶かした時もこいつに何回も3タテされた。

 

2.マンマンレヒレ

とりあえずレヒレが重い。レヒレをジャロで止めようとするとマンダが出てくるのでクチートやガブなどの高火力ポケモンで強引に崩さなければならない。

 

3.ヒードラン+高耐久水枠

高耐久水枠の処理を基本的にジャローダに任せているのでキツイ。個体紹介でも書いたが来季はこういうサイクルを崩せるめざ地を使ってみたい。

 

4.加速バトン→瞑想レヒレ、身代わりカグヤ

こいつらにバトンされたらほぼ負け。バトンされるまえにラティやゲッコウガで処理が必要。

 

5.電磁波ミミッキュ→身代わりマンダ

これ流行ってんの?ってくらい多くてめちゃくちゃ辛かった。ミミッキュを早急に処理しないとマンダに好き勝手されて終わる。

 

6.雨パ  特にグドラ

みんな洗い流される。雨に抗えるのがジャローダしかいないので雨エースがグドラの場合ほぼ解散。ラグの場合は上手くその対面を作れば行けなくはない。ナットレイを後投げされたら起点にしてどうにかこうにか…って感じですね。

 

7.サイコフィールド下の格闘zフェローチェ(特殊)

クチートが勝てず、水手裏剣が通らないのでラティで倒すしかない。蝶舞されたらオワオワリ。

 

8.サイキネ耐えてくる催眠ゲンガー

やめてくれ

 

9.サイキネ耐えてくるメガバシャーモ

せめてバトンはしないで。

 

10.s上がるフェローチェ

あああああああああああああああああああ(ブリブリ ブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!)

 

とまぁこんな感じです。今季も忙しく2000帯で潜る時間があまり取れなかったので最終日に慌てて潜る形になってしまいました。来季は少し時間ができそうなのでシーズン終了のもっと前からゆっくりと2100を目指して潜りたいです。ラティクチの構築の組み方も段々と結論に近づいていき、ラティクチで2000を超えた人も前季と比べて5人近く増えたみたいなのでそういった人たちと意見を交換してより完成度の高い構築を作れたらいいなと思っています。みなさんもラティクチを使ってレートに潜りましょう!ラティクチ最強!ラティクチ最強!

 

Twitter  @pokemon_yabu

【ポケモンSM】シーズン3シングルレート使用構築 ラティクチゲッコ攻めサイクル【最高2091 最終2023】

 f:id:maygirl_pokemon:20170519182921p:image

s3お疲れ様でした。今季は春休みが終わってリアルの方がかなり忙しくなったため色々と精神が削られたシーズンでした(ーー;) さて、レートに関する話をしますと、orasでも使っていたラティクチをようやく使えるようになり、今季こそは2100を達成しようと2000を超えてからも積極的に潜り続けたのですが、レート差マッチが酷く3勝1敗でレートがほとんど変わらないという最悪の環境でした(´・ω・`) 前季と比べてレート人口が激減したという話は聞きましたが、連続で300下を引いたりするとは思いませんでしたね。。それでもなんとか勝ち続けて2100直前までは行ったのですが、2100チャレンジに2回失敗し格下に負け続けて1960くらいまで落ちたところで心が折れ、2023までレートを戻して終了しました。悔いの残るシーズンでしたが、自己最高レートは超えられて、2000超えでの戦いをたくさん経験できたのでいいシーズンになったと思います。

f:id:maygirl_pokemon:20170515091109j:image

      ↓

f:id:maygirl_pokemon:20170516143652p:imagef:id:maygirl_pokemon:20170516143711p:image

最高レートと最終レートがこんな感じです。それではパーティ紹介に入りましょう

 

・個体解説

f:id:maygirl_pokemon:20170515091438g:image

ラティアス@拘り眼鏡

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 12-0-4-236-4-252

実数値 157- -111-160-151-178

技構成

サイコキネシス、10万ボルト、波乗り、シャドーボール

調整

Cぶっぱ(実数値222)メガゲンガーシャドーボール最高乱数以外耐え

残りをCS、余りをB

 

いつもの嫁枠。今季はカバリザやコケコランドなどといったラティの通る構築が多かったのでものすごく活躍してくれました。基本的には先発から通りのいい技で相手のサイクルに負担をかけていきます。流星群を打つ機会があまりなかったので環境に合わせて技範囲を優先しました。範囲を優先したので打ち分けできる珠で使ってたりもしていましたが、珠ダメによる型バレや単純な珠ダメが嫌だったので眼鏡に戻しました。パーティに電気が一貫しているため、初手にコケコを呼びやすく、ボルチェンからグロスやガルド、ドラン読みのシャドボや波乗りなどが決まればイージーウィンできたりと刺さりはなかなか良かったです。範囲は優秀でしたが、マンダ対面で勝てないのが非常に歯痒かったので次からは10万か波乗りを流星群に戻しますw

選出率2位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170515092720g:image

メガクチート@クチートナイト

性格 意地っ張り

特性 威嚇→力持ち

努力値 236-252-0-0-0-20

実数値 155-172-145- -115-73

技構成

じゃれつく、炎の牙、不意打ち、剣の舞

調整

ミラー意識のs20振り、残りをHA

 

orasから使っていたメガ枠。やっとクチートが使えて良かったです。ポリクチなどのクチート軸やガルーラスタン、ギャラやマンダ入りの積み構築に対して選出しサイクル崩壊を狙っていきます。クチートのs20振りはミラーにおいて最も強い型だと思います。遅いクチートには上から炎の牙+不意で縛れ、速いクチートは乱数次第で炎の牙で落とせたりと(相手の炎の牙は耐える)、クチート軸にはクチートを通すという立ち回りをよくやっていました。ですがリザやコケコが蔓延している現環境でクチートはかなり厳しく、あまり選出できませんでした。リザのせいでドランが増えたのも逆風でした。

選出率6位

 

 f:id:maygirl_pokemon:20170515094632p:image

ポリゴン2@進化の奇石

性格 生意気

特性 ダウンロード

努力値 244-0-0-12-252-0

実数値 191-100-105-127-161-72

技構成

恩返し、冷凍ビーム、毒毒、自己再生

調整

臆病リザyの晴れ放射+オバヒ最高乱数以外耐え

C+1冷凍ビームでカプ・コケコを中高乱数2発

 

終盤までずっと控えめHCのアタッカーポリ2でポリクチを組んでいたのですが、高レートに行く程ポリクチを通せる場面が少なくなり、電気が一貫している上に受けがいないのが辛すぎたので特殊受けのHDポリ2を採用。6世代まで役割対象であったサナやニンフはほぼ絶滅状態で、ウルガモスは電磁波弱体化+z技により役割対象から外され活躍できるか不安でしたが、テテフやコケコ、アシレーヌに容易な受け出しができるところが良かったです。この枠は最後まで迷いながら潜っていたので要検討ですね。

選出率4位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170515104740g:image

ゲッコウガ@ミズz

性格 臆病

特性  変幻自在

努力値 0-0-12-248-0-248 (めざ炎個体)

実数値 147- -89-154-91-190

技構成 

ハイドロカノン、水手裏剣、冷凍ビーム、目覚めるパワー(炎)

 

ミズzの火力目安

ミズz+水手裏剣で初手に守ったバシャーモを貫通ダメ込みで確定で飛ばせる

ASのリザxが確1

耐久寄りのリザx(HP175)が中高乱数1発

H振りメガクチートが高乱数1発

無振りカプ・テテフが低乱数1発

 

ついに今まで不利だったバシャーモ対面を圧倒的有利対面へと逆転させた今季のMVP。某実況者さんも一時期zハイドロカノンゲッコウガを使っていましたねw ミズz+水手裏剣による対面性能がとにかく強かったです。本来ならゲッコウガが苦手とするリザxやクチートバシャーモミミッキュなどに役割が持てるのでどんなパーティにも出していけました。流行りのカバリザやマンダナット、コケコランドグロスのどれにも刺さるので出さないことが無かったです。こちらのポリクチの並びを見ると初手に呪いミミッキュをよく呼ぶのでそこにゲッコウガを合わせ、フェアリーz読みのめざ炎からミズzで処理するという立ち回りもよくやりました。ゲッコウガのめざ炎は単純にナットハッサムに役割が持てる他に、ミミッキュの皮を剥がしつつフェアリーを受けたり、グロスを削りつつ次のターンのバレパン対策まで施した後にミズzで処理などと非常に器用な立ち回りが可能になるのが強みだと思います。個体値はCSがUのキレイな個体値グラフを見ると王冠を使いたくなくなってしまったのでそのままにしていましたが、クチートなどに対するミズzの乱数がズレたりと致命的な欠陥が生じるので王冠は使った方がいいかもしれません(実際2100チャレンジのラス1クチートゲッコウガ対面でミズz耐えられて負けました) ただ、sはそのままの方が却っていいかもしれません。121族の霊獣トルネロスメガピジョットなんて見たことないですし、ゲッコウガミラーで相手のタイプを変えた後に等倍のミズzを叩き込むこともできるのでミラーは下から殴る方が得策だと思います。(草zや珠けたぐりなどは無理)

選出率1位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170515112108g:image

メザリザードンX@リザードナイトX

性格 陽気

特性 もうか→硬い爪

努力値 0-252-4-0-0-252

実数値 153-182-132- -105-167

技構成

フレアドライブ、逆鱗、ニトロチャージ、剣の舞

A+2逆鱗でHB特化ドヒドイデが乱数50%

 

剣舞ニトロチャージから全抜きを狙うエース。キノガッサと組ませて出すことが多く、キノガッサの襷を活かして眠らせたり削った相手をニトロチャージの起点にしていきます。受けループの処理も任せていました。最近の受けループは大体ドヒドイデが入っているのでリザードンを見ると思考停止でドヒドイデが飛んできます。それを読んで剣の舞を積んでいければ大抵の場合は崩せます。最悪なのが逆鱗を耐えられた後にz黒い霧でリセットされ、ムドーなどに受けられる場合ですね。あとはグライに守られて混乱の試行回数を稼がれたりするのも辛いです。混乱は弱体化したはずなのに自傷を引きまくって負けた試合が多かったので受けループには大分ヘイトが溜まっています。2000半ばくらいで100戦近く潜っていたため再戦も多く、初手剣の舞ピンポイント読みでゲンガーにヘド爆を打たれたりと再戦は変な読み合いが発生するのでできるだけ避けたいですね。

選出率3位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170515113515p:image

キノガッサ@気合の襷

性格 陽気

特性 テクニシャン

努力値 0-252-4-0-0-252

実数値 135-182-101- -80-134 

技構成

タネマシンガン、マッハパンチ、岩石封じ、キノコの胞子

調整

特に無し

 

普通の襷ガッサ。岩石封じの後に130族を抜くために陽気にしていましたが、コケコにはボルチェンで逃げられ、ゲンガーは身代わり持ちやヘド爆の毒で即退場みたいなことがしょっちゅうあったので火力重視の意地っ張りにしてもいいかもしれません。もしくはリザが落とされた後の受けループ対策としてポイヒガッサや剣舞ガッサもいいなと感じました。

選出率4位

 

・選出パターン

1.ラティクチゲッコ

相性補完を活かした攻め志向サイクル。マンダ軸などには刺さりますが回復持ちの受けがいない為先発に何を出すかがかなり重要です。スカーフテテフが受けられないのでテテフ入りにこの選出は無理です。

 

2.ポリクチゲッコ

ポリ2をクッションにアタッカー2体でサイクルを回していきます。コケコやテテフに対してポリ2が安定する為その2体がいるとカモりやすいです。

 

3.リザガッサゲッコ

これまでの選出パターンと違って完全な対面構築です。3体のうちのどれかで荒らしてどれかで詰めていくという立ち回りをします。受けの概念がない為先発を読み違えると初手で1体切らなければならないということもありえるので見せ合いの段階でしっかりと勝ち筋を考えておくことが重要。

 

4.ラティリザガッサ

対受けループ用の選出。リザガッサによる役割集中でドヒドイデグライオンエアームドなどを崩しラッキーなどの特殊受けを切らせた後にラティを通して勝つというルートが理想です。リザが逆鱗で混乱した後に自滅しなければ基本的に勝てます(自滅しないとは言ってない)

 

・キツイ相手

カプ・コケコ

電気の一貫がある有利対面を作られるとサイクルが一気に振りになる。ラティのサイキネをギリギリ耐えてくるのも嫌らしい。瞑想挑発コケコ増えすぎてポリ2で見るのも辛い(´;ω;`) 逆に言えば刺さりすぎている為初手にほぼ必ず出てくるのでラティを合わせて負担をかけていけます。

 

カプ・テテフ

火力が高すぎてポリ2でさえごっそり持っていかれるので非常に厄介。スカーフでなければリザで処理が可能ですが…

これも初手に来やすいのでクチートから入って1匹持っていったりしていました。

 

アシレーヌ

ポリ2以外受けられないのに、アンコールで自己再生を固定してきたりとまともに役割遂行さえさせてくれない。剣舞を積んだリザやガッサと対面させれば突破できるので早い段階でその2体を降臨させておくことが大切ですね。

 

ギルガルド

リザがいてもキンシとの択に勝たなければならなかったり、毒ガルドがめっちゃ出されたので残飯のチマチマとした回復や身代わりが非常に鬱陶しかった。マジで毒ガルドばかりだったので、ポイヒ剣舞ガッサでも使ってやろうかってくらいヘイトが溜まっていました。

 

フェローチェ

無理

 

 

 

パーティ紹介は以上となります。来シーズンこそは2100を超えると言いたいところですが、期末試験がめちゃくちゃ大変な為、まともに潜る時間がそんなにあるかわかりません(´・ω・`) 2000を超えればできるだけ構築記事を書こうと思っているので来シーズンの投稿が無かったら察してください() それでは最後まで読んで頂いてありがとうございました!来シーズンもよろしくお願いします( ^ω^ )

【ポケモンSM】シーズン2シングルレート使用構築 最高レート2025

s2お疲れ様でした。今期も2000超えたので構築記事書きます。今期は2100を目標にしていたのですが、最終日の深夜に潜ったら下ばかり引いては負けてを繰り返して1900くらいまで落ちたので潔く(?)撤退しましたw シーズン序盤はバンク解禁後の環境に適応できず1700帯から抜け出せなかったのですが、メタ張りを徹底したら急に勝ち始めてそのまま2000まで来れたので勝率はなかなか良かったと思います。来シーズンは相棒のクチートが使えるのでこれからが本番ですね

今回使ったパーティとレート及び順位がこちらです。(チーム名は気にしない方向で

f:id:maygirl_pokemon:20170530191521p:image

f:id:maygirl_pokemon:20170321060008j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170321063424j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170321060022j:image

 

・個体解説

 f:id:maygirl_pokemon:20170321060233g:image

ラティアス@拘り眼鏡

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 12-0-4-236-4-252

実数値 157- -111-160-151-178

技構成

流星群、サイコキネシス、10万ボルト、シャドーボール

調整

S 最速

HD方面 C実数値222メガゲンガーシャドーボールを最高乱数以外耐え

眼鏡カプ・コケコのマジカルシャインを最高乱数以外耐え

残りをCに 余りをBに振りました

 

orasから愛用している眼鏡ラティアス。フェアリー環境だったりゴーストタイプが強い環境のせいで活躍出来るか不安でしたが、サブウェポンの変更により通しやすい範囲が広がりました。前まではサブウェポンに波乗りとトリックがあったのですが、ヒードランの減少やファイアローの絶滅、zクリスタルの登場によるトリックの通りの悪さなどによりフルアタ型に変更しました。10万ボルトはカプ・レヒレテッカグヤギャラドス意識で、シャドーボールメタグロスギルガルドカプ・テテフ意識で採用しました。眼鏡を持たせても仮想敵をギリギリ落とせないという絶妙に足りない火力をしているので、基本的には裏のランドロスなどと組ませてとんぼ返りなどで削りを入れてからラティを通すという立ち回りが多かったです。火力面はラティオスに劣る反面、耐久はかなりの安心感がありました。これラティオスだったら落ちてたなーって場面が沢山あったのでそういう時に必死にラティオスとの差別化を主張していましたw(ラティオスなら反撃食らう前に落とせるだろはNG)

役割は大抵の特殊ポケモンに受け出しをして眼鏡の火力で負担をかけたり、削った相手の掃除役です。

 選出率4位

f:id:maygirl_pokemon:20170321062623g:image

画像でかくてすいません

メガルカリオ@ルカリオナイト

性格 陽気

特性 精神力()→適応力

努力値  0-252-4-0-0-252

実数値 145-197-109- -90-180

技構成

インファイトアイアンテール、神速、身代わり

調整

無し!w

 

クチートが使えないから代わりに入れたエースアタッカー。oras のときにバレパンを遺伝し忘れたのでアイアンテールのまま() アイアンテールを活躍させる為に考えた結果、カプ・テテフ交換読みで身代わりをしてアイアンテールで吹き飛ばすのが一番だと考えて身代わりを採用しました。この身代わりがバシャ対面の守る読みなどでも活躍したりと、使える場面が多かったです。アイアンテールカプ・レヒレへの打点にもなり、確定2発で落とせるので当たれば非常に強い技でした。終盤になればオニゴーリが増えて活躍の機会が増えるだろうと思ったのですが、たまたまなのか全然見ませんでしたねwただ私は今までの構築記事を見ればわかるように、高耐久ポケモン以外は信用できないので選出率は低かったです。

選出率6位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170321064733g:image

ポリゴン2@進化の奇石

性格 図太い

特性 トレース

努力値 244-0-212-0-52-0

実数値 191- -150-125-122-80

技構成

イカサマ、冷凍ビーム、自己再生、トリックルーム

調整

HD方面 控えめカプ・テテフサイコキネシスを高乱数2耐え

残りB

s1と同じ調整です。

 

なんだかんだで今までの2000達成構築に必ず入っているおまる。数値受けが厳しいだの何だのと言われてても結局使ってしまいました。シーズン序盤にバンドリマンダが大量発生して1回も勝つことができず、ヘイトが溜まりに溜まった結果出来上がったバンドリマンダに殺意を持ったトリルイカサマポリ2。ポリ2は起点になりやすいのが弱みでしたが、イカサマによりほとんどの物理アタッカーを相手できるようになりました。いやぁやっぱ強かったです(小並感)

選出率2位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170321070146g:image

メガフシギバナ@フシギバナイト

性格 控えめ

特性 新緑→厚い脂肪

努力値 252-0-92-124-36-4

実数値 187- -155-173-145-101

技構成

ヘドロ爆弾、ギガドレイン、めざめるパワー(炎)、宿り木の種

調整

HB方面 陽気ガブリアスの逆鱗を超高乱数2耐え

HD方面 臆病メガリザードンYの晴れオーバーヒートを上から二つの乱数を切って耐える

残りをC、余りをS

 

前から使ってみたかったフシギバナ。パーティを見たときに胞子と宿り木対策が全くされていなかったので採用。図太いと控えめで迷いましたが、宿り木とめざ炎でテッカグヤとも殴り合えたり、光合成を切るかわりにギガドレの回復量を増やしたかったので控えめにしました。初めて使ったのですが、パーティで一番信頼を置いていた存在でした。フシギバナが不利を取るマンダやメタグロスにポリ2が強かったので組ませて選出することが多かったです。有利対面で宿り木をして裏に回して回復しつつサイクルを回したり、自身の火力でも負担をかけられたりと非常に器用なポケモンでした。図太いではない為、ガブリアスマンムー地震でごり押しされるのが意外と辛かったです。宿り木とギガドレのどちらを優先するかもう少し考えないといけませんね。

選出率1位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170321072223p:image

ランドロス@拘りスカーフ

性格 陽気

特性 威嚇

努力値 4-252-0-0-0-252

実数値 165-197-110- -100-157

技構成

地震、馬鹿力、岩雪崩、とんぼ返り

 

電気の一貫を切れてサイクルを回しやすいポケモンを探してたらちょうどいいのがいたので採用。カプ・テテフが重すぎたので控えめスカーフまで抜ける最速スカーフにしました。ラティアスと組ませることが多く、バシャテテフを見たらその2体を選出していました。テテフ対面では大体サイキネが来るのでとんぼからラティアスに繋ぐのが安定していました。 とんぼ+眼鏡シャドボでH振りのテテフまでは落とせます。(HCチョッキだと厳しい)また、ポリ2やフシギバナを起点に舞ってくるウルガモスに対して後出しから岩雪崩で処理したりと最速スカーフは役に立つ場面が多かったです。これは全て最速を切った立ち回りですが、臆病スカーフテテフや臆病ガモスはいないと思ったのでパーティ単位で切っていました。馬鹿力はサザンドラやガルーラ意識で採用しましたが、はたき落とすにすれば良かったとめちゃくちゃ後悔しています。

選出率4位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170321074625g:image

ギルガルド@ゴーストz

性格 意地っ張り

特性 バトルスイッチ

努力値 220-252-4-0-12-20

実数値 163-112(222)-171(71)- -172(72)-83

技構成

シャドークロー、聖なる剣、影打ち、剣の舞

調整

s4ふりバンギラステッカグヤ抜き

BDはダウンロード対策

残りをA、余りをH

 

ポリ2のトリックルームと相性の良い剣舞ガルド。テテフやグロスに受け出しができるのでパーティの補完に最適でした。上の5体でナットレイテッカグヤ、ポリ2などの耐久型に薄かったので崩し性能の高い剣舞型は使いやすかったです。耐久型を起点にしたり、トリル下で強引に舞ってゴーストzでサイクルを崩したりと想像以上の活躍をしてくれました。積みアタッカーは使うのが苦手で、どうしても瞬間火力が欲しかったのでゴーストzにしたら、より崩し性能が増して非常に使いやすかったです。ギルガルドは数値は高いものの技の火力が足りないので、キンシ読みの択が発生しやすいのが欠点でしたが、zにより火力不足を解消できたのでギルガルドのゴーストzは本当に強いと思います。

選出率3位

 

基本選出

フシギバナ+ポリゴン2+ギルガルド

宿り木でサイクルを有利に回し、ギルガルドで崩し、詰めていく。キンシがない為交換を強いられる場面が多かったので裏には切り返しの効く高耐久ポケモンを置くと良いと思いました。

 

対バシャテテフ

ランドロス+ラティアス+@

テテフ入りは初手にテテフがよく来るのでランドを合わせてこちらの流れに持っていきます。明確な処理ルートがあると簡単に勝てますねw

 

s2を終えて

バンクが解禁してようやくレートも本番という感じでしたが、zによる火力のインフレが非常に辛かったです。自分のような受け回すサイクルは厳しいと思って序盤はいろいろなパーティを使っていましたが、環境が固まり始めた辺りから様々なポケモンの処理ルートを考えた結果、この6体に落ち着きました。補完に優れており、結構いい勝率で2000まで行けたので目標の2100は達成できなかったものの、なかなか満足のいったシーズンでした。来シーズンからクチートが使えるようになるのでやっと自分の気に入ったパーティが使えるようになりますね。来シーズンこそは2100達成したいと思います!

 

 

【ポケモンSM】シーズン1シングルレート2000達成構築 両刀マンダサイクル

s1お疲れ様でした。まだシーズン1は10日間ほど続きますが、先日レート2000を達成したので構築記事を書いてみました。

今シーズン使用したパーティがこちらです。(オリジナルのパーティ組んだつもりなんですけど、マンマンレヒレジバコの並びって今はテンプレらしいですねw)

f:id:maygirl_pokemon:20170530191617p:image

f:id:maygirl_pokemon:20170107022141j:imagef:id:maygirl_pokemon:20170107022155p:imagef:id:maygirl_pokemon:20170107022208j:image

投稿する頃には順位変わってると思いますがm(__)m

 

・個体解説

f:id:maygirl_pokemon:20170107022320g:image

メガボーマンダ@ボーマンダナイト

性格 無邪気

特性 スカイスキン

努力値 4-196-4-52-0-252

実数値171-190-151-147-99-189

技構成

すてみタックル 流星群 地震 大文字

構築の原点となったパーティのエース。環境が受け意識に移行してきて単なるASの竜舞型が動きづらいと感じ、マンダの受け先としてよく出てくるテッカグヤや、積みの起点にしてくるパルシェンに対して両刀が刺さるだろうと思ったのが採用理由です。両刀にすることで本来なら不利となる相手に対して強気に突っ張れたりとなかなか使い勝手が良かったです。両刀にした為、耐久が低く受け出しが安定しないので先発にすることが多かったです。技範囲が広いので出し負けることは少なく択が発生しにくい為精神的にもやさしいボーマンダだと思います。文字や流星を外して負けたときは泣きました。

選出率3位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170107023657g:image

マンムー@命の珠

性格 意地っ張り

特性 鈍感

努力値 0-252-4-0-0-252

実数値 185-200-101- -80-132

技構成

地震 氷の礫 ステルスロック 毒毒

ボーマンダの相棒のマンムー。最初は襷で使っていたのですがサイクル戦に合わなかった為珠にしてガブやマンダへの縛り性能をより高めました。礫でガブを確1で落とせるので氷柱を切ってポリ2などへの打点として毒毒を採用。現環境ではマンムーにsを振る必要性をあまり感じなかったのでAD振りにしたも良かったかもしれません。またマンダが舞って全抜きする、という構築ではないのでステロもどうしてもほしいというわけではなくチョッキ型もいいかなと思いました。ただあと数日で厚い脂肪のないマンムーはお役御免となることを考えると新規育成する気も起きなかったのでパーティの見せポケとなりました()

選出率6位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170107024734g:image

ジバコイル@突撃チョッキ

性格 控えめ

特性 アナライズ

努力値 188-0-4-252-44-20

実数値 169- -136-200-116-83

技構成

10万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン 目覚めるパワー(地)

調整

耐久 特殊方面へのダメージ効率を優先したため少しHを削りDに回した。

s ミラー意識、4振りテッカグヤ抜き

マンダの相棒その2。カプ系やカグヤに強くサイクルを回す上で不可欠な存在でした。パーティでテテフに受け出しができる貴重な存在。耐久も火力も高いので汎用性が高くカグヤを見たら大体選出していました。裏にガブやマンムーがいるときの電気技と鋼技の択は辛いものがありましたが、カグヤ対面ではラスカノ連打が安定という結論に至りました。また、ZテクスチャーポリZは今はほとんどが電気タイプになるのでジバコでの処理が楽でした。

選出率2位

 f:id:maygirl_pokemon:20170107030221p:image

カプ・レヒレ@コオリz

性格 図太い

特性 ミストメイカー

努力値 252-0-244-0-0-12

実数値 177- -182-115-150-107

技構成

ムーンフォース 波乗り 挑発 黒い霧

調整

最速45族抜き 残りHB

パーティの物理受け。マンダ以外の積みポケの相手ができます。ギャラに後投げからz黒い霧で竜舞解除+回復で勝てるのはとても魅力的でした。また、挑発を持たせることで耐久、害悪ポケに強い受けポケとしても活躍してくれました。マンダが相手できないバルジやポリ2にはレヒレで挑発→ジバコで処理というルートをとっていました。積み構築が主流の現環境においてz黒い霧レヒレは非常に刺さりがよかったです。

選出率1位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170107031215p:image

メガハッサム@ハッサムナイト

性格 意地っ張り

特性 テクニシャン

努力値 236-252-0-0-0-20

実数値 175-222-160- -120-98

技構成

バレットパンチ 蜻蛉返り 剣の舞 羽休め

調整

s 準速45族抜き A特化 残りH

パーティの裏メガ枠。ポリ2やコケコが重いときや、相手のパーティにグロスフェローチェオニゴーリがいるときに選出していました。ジバコと組んでトンボルチェンで回したり、舞バレパンで全抜きを狙ったりと選出すれば活躍する頼り甲斐のあるエースでした。ただ環境にカグヤが多いのと、大抵のカグヤが放射を持っていたためカグヤ入りにはどうしても出せませんでした。それでもマンダでは相手できなかった耐久ポケやオニゴーリを始めとする害悪ポケに強いメガ枠の存在は大きかったので使って良かったなと思っています。

選出率4位

 

f:id:maygirl_pokemon:20170107031156g:image

ポリゴン2@進化の輝石

性格 図太い

特性 トレース

努力値 244-0-212-0-52-0

実数値 191- -150-125-122-80

技構成

放電 シャドーボール 毒毒 自己再生

調整

HD 控えめテテフのフィールド補正サイキネをほぼ2耐え

残りB

グロスへの受け出しが必要な時や再生技がないレヒレではサイクルを回しきれないと判断した時に選出していました。こちらも選出率こそは低いものの出せばテキトーに投げても活躍してくれました。技はギャラやガルドを意識した構成になっています。ポリ2は相手の起点になったり挑発持ちに弱いので積み構築の環境では動きづらさも結構ありました。今更ですがアシレーヌやコケコ、テテフを受けられるポケモンが少ないのと、物理受けがレヒレで間に合っていたのでorasでも使っていた生意気HDの型の方が良かったかなと思いました。

選出率5位

 

・立ち回り

基本選出は先発マンダ 後続にジバコとレヒレ。技範囲を活かしてマンダで負担をかけていき、不利な相手はジバコで対処したりレヒレで受けて挑発でサポートしたりなどしていきます。サイクル戦において数的有利を取ることは非常に重要であるので味方のHP管理を重視した立ち回りをしていました。テッカグヤが非常に重かった為、いろいろな処理ルートを考えましたが、マンダ対面はとりあえず文字で突っ張りダメージ量(チョッキ判断)と残飯の有無により次の行動を考え、ジバコ対面ではチョッキ型なら地震読みでボルチェン、それ以外なら相手が引くまでラスカノ連打が最も安定して勝てました。シーズン中盤から激増したオニゴーリ入りのパーティにはマンムーのステロ+ハッサムのバレパンで確実に落とせるような立ち回りが求められました。相手は麻痺などを撒いてとにかく起点を作ろうとしてくるのでジバコに引いてはボルチェンという行動を一貫させ、全員ハッサムのバレパン圏内に持っていくのが重要です。

・サンムーン初のレート環境を終えて

過去作のいない唯一のサンムーンレート環境は同じようなパーティばかりでしたが新鮮味があって楽しかったです。また王冠の登場により準伝厳選が楽になったり偶然産まれた色個体をそのまま採用できたりと厳選環境も易しくなってきてSM新規の人も取り組みやすいのではないかと思います。来シーズンからバンク解禁によりレートもいよいよ本番という感じになってきますが、今シーズンに続きレート2000達成をしていきたいです。メインROMではorasで使っていたお気に入りのラティクチ軸をまた使おうかなと思っています。いつまで過去作が使えるのか気になりますが。

それではまた機会があったら構築記事を書こうと思うのでよろしくお願いします。

 

【s17 使用構築】受け志向ラティクチ軸【最高2040 最終2028】

s17お疲れ様でした。私は去年まで大学受験で忙しかったため今年の3月になってようやくレートに参戦したわけですが、火力インフレの現環境になかなか適応できずs14〜s16は1700代周辺をうろついていました(笑) 私はラティアスが前から好きでその相棒のクチートと共にパーティを組んで高レートを達成できたらいいなぁ、と思っていてずっとラティクチで潜っていたのですが、今回ようやく2000を達成できたので記事を書こうと思います。

今回紹介するパーティはこちら

 

f:id:maygirl_pokemon:20170530191733p:image

f:id:maygirl_pokemon:20160919203956j:image

f:id:maygirl_pokemon:20160919203917j:imagef:id:maygirl_pokemon:20160919204015j:image              ↑最終順位

 

〜個体解説〜

f:id:maygirl_pokemon:20160919175940g:image

ラティアス 臆病

浮遊@こだわりメガネ

努力値 12-0-4-228-12-252

実数値 157- -111-159-152-178(A抜け5v)

流星群 サイコキネシス 波乗り トリック

調整

HB A特化アローの鉢巻ブレバ最高乱数以外耐え

HD C実数値222メガゲンガーのシャドボ最高乱数以外耐え

S 最速    残りC

 

嫁ポケ兼特殊エース。高い素早さを活かして上から殴り突破or削りをする要員です。上記の通り耐久にほとんど振らなくても高い特防を持ち、特殊アタッカーとのタイマンに強いのが魅力。基本的に先発で出して負担をかけていきます。現環境はエスパー技の通りが非常に良く、多くの試合で活躍させることができました。また他のポケモンをメタったせいか、ラティ舐め舐め選出をされることがよくあったのでサイキネを打っているだけで相手が降参することも。メガネはラティオスの印象が強いので警戒されにくく、後出しのスイクンやポリ2(HD以外)などは返り討ちにできます。それと私のパーティは初手にゲンガーを呼びやすく、それに合わせてラティを出せば大体突破できます。急所、守縛、襷+同族負け、珠ゲンは知りません。(珠でも中乱数)

パーティで重いドランやHDアローは波乗りで押し切ったり、一貫しやすいサイキネで場を荒らしたり、流星群でガブマンダや無邪気ガルーラを飛ばしたりなどとこれ以上ない活躍をしてくれました。再戦で型バレによるガルーラの初手不意打ちはやめてください。

選出率1位

 

f:id:maygirl_pokemon:20160919204204g:image

クチート 意地

威嚇→力持ち@クチートナイト

努力値 236-252-0-0-0-20

実数値 155-172-145- -115-73

じゃれつく 炎の牙 不意打ち 剣の舞

調整

HAベース。トリル張る前のミラー意識でSに少しだけ振りました。

 

ラティアスの相棒のトリルエース。途中までは炎の牙の枠が叩きだったのですがヒトムがいるにも関わらずナットとハッサムが重かったので炎の牙を採用。(ヒトムがいるとかえって警戒されないから割と刺さった)ラティアスとの相性補完に優れており、じゃれ不意や剣舞不意打ちで多くの相手を縛れるのが最大の強みです。またブルンでトリルを張り、上手くクチートを降臨させられれば一気に相手のパーティを崩壊に追い込むことができます。クチート使いの宿命として不意打ちの択ゲーがありますがこれはじゃんけんなのでその時の気分で決めてました(笑)

レートが上がるにつれてじゃれ外しや不意打ちの択負けが嫌で一時期使わなくなりましたが、その途端にガブとマンダが辛くなったので最後はちゃんとクチートを信じて戦いました。それでも外したけど

選出率3位

 

f:id:maygirl_pokemon:20160919212241g:image

ポリゴン2 生意気

ダウンロード@進化の輝石

努力値 244-0-60-0-204-0

実数値 191-100-118-125-155-72

恩返し 冷凍ビーム 電磁波 自己再生

調整

忘れたW

 

ラティクチで重いサザンやガモス、ニンフ、サナ、ゲッコウガへの回答として採用したHDポリ2。その硬さは異常でニンフのメガネハイボや悪い野球おじさんも余裕で受けきることができます 。上記のポケモンを含め、特殊アタッカーはDが高いポケモンが多いためダウンロードによるA上昇からの恩返しが非常によく刺さりました。ガモスの炎の体や鬼火持ちのロトムなどを考えると空元気も欲しくなりましたが、A+1の恩返しでギリ確2にできるポケモンが多かったのでやけどしたら他でどうにかしようと割り切りました。またドランやガルド、HBゴツメガモス、その他毒守のポケモンには何も出来ないので注意。電磁波と再生による詰ませ性能が高いためブルンと組んで受けループをしてTODを狙うことも可能です(何回かやったことある)。

選出率2位

 

f:id:maygirl_pokemon:20160919215917g:image

ブルンゲル 図太い

呪われボディ@オボンの実

努力値 228-0-252-28-0-0

実数値 204- -134-109-125-80

波乗り トリックルーム 鬼火 自己再生

調整

HB A特化ガルーラの地震+噛み砕くオボン込み確定耐え

HD C特化リザYのソラビ確定耐え

調整は以下のURLに載っているものを参考にしました(今見たらほとんどパーティ一緒だった…w  他の調整は違うけど)

http://amatou501.hatenablog.com/entry/2016/03/16/081224

 

ガルーラ、バシャーモ、リザX、ルカリオなどの強力な積みアタッカーのストッパー。耐久はそこまで無いが上記のポケモンに対するタイプ受けができ、トリルを張って回復しつつ鬼火や波乗りでジワジワと削るのが役目。落とされたらトリル下でクチートを降臨させられるのでむしろありがたいくらいです。ただしクレセリアのような数値受けが出来ないので安易に後出しはできません。特性の呪われボディが非常に強力でガルーラなどは親子愛により51%の確率で技を封じられるので噛み砕く持ちのガルーラに対してもそこまで弱くありません。剣舞叩きバシャや鬼羽リザXと出会ったらお通夜。

選出率4位

 

f:id:maygirl_pokemon:20160919222328g:image

ヘラクロス 陽気

根性→スキルリンク@ヘラクロスナイト

努力値 44-244-0-0-0-220

実数値 161-236-135- -125-135

ミサイル針 タネマシンガン ロックブラスト 地震

調整

HB A無振りムドーのドリルくちばし最高乱数以外耐え、A216メガバンギの1舞エッジ確定耐え

S メガ前最速80族抜き、メガ後最速70族抜き

A 余り

こちらも先ほどのURLを参照してください。

 

パーティの裏メガ枠。スキルリンクによる襷、頑丈、マルスケ貫通の性能を十分に活かしたかったのでSに厚く振りました。その結果トリルエースのHA型だと思ってドヤ顔で出てくるガッサやヒトムをドヤ顔で返り討ちにすることができたりミラーにも強かったのでこの調整にして良かったと思います。またラティクチで見られないクレセドランの相手もしてもらいます。インファイトは打つ機会が無く、ドランなら地震でもいいと思ったので地震を採用。刺さる相手には大活躍するのですが、トリルとの相性が余りよくなかったり逆鱗の一貫が出来てしまうので選出時は注意。

選出率4位

 f:id:maygirl_pokemon:20160919224625g:image

ヒトム 臆病

浮遊@残飯

努力値 188-0-28-36-36-220

実数値 149- -131-130-132-147

オーバーヒート 放電 鬼火 身代わり

調整

http://richardayson2525.hatenablog.com/entry/2016/05/17/222442

この方のヒトムが使ってみたくて丸パクリしてしまいましたww

 

パーティの炎枠でありクチート対策やアロー受けとして採用しました。低レート帯では鬼火からの身代わりなどで上手く詰めていくことができたのですがレートが上がるにつれて起点にされたり役割対象のナットやハッサムは裏で受けられサイクルで負けたりとなかなか活躍させることかまできませんでした。やはり自分のパーティに合わせて自分で調整は行うべきですね…。

選出率6位

 

基本選出はラティクチブルンで、辛い特殊アタッカーがいる場合はブルンをポリ2に、ガッサ入りやクレセドラン、レパガッサ、ボルトゴーリにはヘラを出していきます。

サザンガルドが、というかガルドが非常に重く、ガルド入りのパーティには隙を与えないように立ち回りに注意が必要です。それと受けループにも勝てません。ヘラで押し切れそうですが、グライオンに上から毒を入れられるので受けループと当たったら早急に降参してました()

サザンガルドと受けループに弱いという大きな欠陥がありましたが、それ以外のパーティにはだいぶ安定して勝てたのでそこまで問題はなかったです。厨パへの勝率もなかなか。

サンムーンではメガ廃止かもしれないのでラティクチで最後に2000を達成できて本当によかったです。できればメガは継続してほしいですが…。今後もラティアスを使って高レートを目指していきたいと思うので新環境でもがんばります!もしよかったらツイッターもフォローしてみてください↓(あまりポケモンのことについてはツイートしませんがw) 

 

@S_Kei0112

それでは失礼しますm(__)m