自己紹介

初めまして。ヤブと申します。普段はラティアスクチートを使ってポケモンのレート対戦をしています。当ブログはシーズン毎に使用した構築記事やオフレポ、その他単体考察記事を投稿しています。

 

過去のレート成績(最高レート)

6世代

xy〜s14  受験でやってない

s15 16xx

s16 17xx

s17 2040

7世代

SM

s1 2002

s2 2026

s3 2091

s4 2081

s5 2082

s6 2006

USM

s7 2109

s8 2106

s9 2107

s10 2125(16位)

s11 2083

s12 2140(9位)

 

オフ参加歴

第1回ガバオフ(予選落ち)

第5回背伸びオフ(終)(ベスト16)

第4回サブローカップ(チーム3位)

第2回ガバオフ(終)(ベスト16)

 

Twitter @pokemon_yabu

よろしくお願いします。

学校にいそうなポケモンキャラランク

f:id:maygirl_pokemon:20181126203257p:image

サムネ

 

学校にいそうなポケモン

下に行くにつれてインキャ度が上がっていきます

 

1.ゲッコウガ

ガチイケメンで人望がある完全なウェイ。カリスマ性があるためこいつに嫌われたらクラスの居場所を失う。クラス委員もしくは生徒会副会長を想像するとわかりやすいかも。

 

2.ルカリオ

足が速くスポーツが出来て女からモテるタイプのイケメン。4限が終わると囲いと一緒に購買にパンを買いに行く。多分サッカー部のキャプテンをやっている。

 

3.ハッサム

サッカー部のフォワードとかでイケメンだしルカリオとかと一緒に行動するからよりイケメンに見えてモテる。ルカリオの彼女の相談に乗ってそのまま寝取る可能性大。

 

4.リザードン

顔は中の上くらいだけどインターハイとか出てる影響で学校では有名人。スポーツマンだけに髪は短めで性格は良い。体育大会で存在感を発揮する。陸上部のエース。

 

5.カプ・コケコ

所謂量産型テニス部。爽やかな顔と陽気な性格で女子からの人気が高い。女たらしとオタクから恐れられる。

 

6.メタグロス

ウェイ集団の中に1人はいる身体が大きく背の高い高圧的なウェイ。性格も強気だから近づくのが怖い。バスケ部によくいる。休日体育館で1人でシュート練習をする真面目な一面もあったりする。

 

7.ボーマンダ

見た目カッコいいけど実はそんなにウェイウェイせず仲間想いないい奴。バレー部の部長って言えばわかると思う。

 

8.ギルガルド

所謂キョロ充。ウェイ集団の中にいるけど実際話してみると全然ウェイじゃないやんってなる奴。サッカー部のベンチ。

 

9.クチート

ウェイ集団とはつるまないけど中性的な可愛い顔立ちのおかげで女子からの人気が高く、それで人権を得ている。吹奏楽部のチェロかビオラ

 

10.ゲンガー

普段あまり喋らないけど成績が良いため課題を忘れたウェイ達に頼られるけど写すだけ写して友達としては見てもらえていない可哀想な存在。

 

11.サンダー

ウェイに見せかけて毒羽みたいに学校では一応友達と話したりして陽キャっぽく振る舞い見せかけるが根はインキャで一人遊びが好き。多分俺はここ。

 

12.マルマイン

結構わかる奴いると思うけど文化部に1人はいる異様に足が速くて体育大会で変に目立つ奴。速いけど走り方は汚い。

 

13.テッカグヤ

インキャコミュニティの中でマウントを取るイキリオタク。ワンパンできる奴が限られているためウェイに攻められても中々引き下がらないアスペ系のオタク。学祭のクラス会議とかで急に意見を言う。

 

14.カバルドン

落ち着いた信用可能オタク。いつも決まって石を撒いたり欠伸するだけの好かれることも嫌われることもないオタク。席が隣になるとサンドイッチとか分けてくれる。

 

15.ナットレイ

お前ら。陰湿でウェイの前だと黙り込む典型的なオタク。先生に指名されてもゴニョゴニョしてウザいから無差別に嫌われがち。

 

16.ドヒドイデ

ブサイクで顔も不潔な為オタクからも避けられて色々詰んでる奴。なぜかこういう奴に限って水筒や弁当箱も汚い。

 

17.コソクムシ

学校という残酷な世界にやられ引きこもってしまった。家に行こうにも連絡が取れず何事からもすぐ逃げる為手のつけようがない。

 

ありがとうございました。

何かありましたら@pokemon_yabuまでお願いします

7世代ラティクチの変移

 

f:id:maygirl_pokemon:20181118171958j:image

↑サムネ

 

こんにちは、ヤブと申します。少し時間が出来て語りたくなったので自分を回顧する意味も兼ねてラティクチの今までの変移について書こうと思います。ところどころで気持ち悪い自分語りがありますがある程度客観視した上での自分の意見ということでご了承くださいm(__)m また6世代は今と対戦環境が全く違うため省略させていただきます。

 

 

 

 

【SMシーズン3(7世代ラティクチの始まり)】

メガクチートが解禁されたのがs3からなのでここから書き始めることにします。この頃はまだポケ垢を作っていなかったのもあると思いますがラティクチを使っている人を見たことがなく、蓋を開けてみるとラティクチ使用者はたったの3人でした。(あくまで構築記事の数とマッチング報告による推測です)

 

f:id:maygirl_pokemon:20181118210630p:image

w

 

6世代でラティクチで強かった人がやめてしまったというのもありますが、さすがに使用者が少な過ぎて正直このまま化石構築と化して消えていくんじゃないかと思っていました。

3人ではラティクチの傾向も開発もクソもなく、当時結果を出したけいまさんとオランドさんと今後結果を出し続けて少しでも使用者が増えるように努力していこうと誓ったりしていました。s3は書くことないので終わり。

 

 

【SMシーズン4〜シーズン6】

偶然か、それとも多少たりとも自分達がラティクチを使い続けた成果があったのか、少しずつラティクチの使用者が出始めました。この3シーズンを通してSMにおけるラティクチは現在にも通ずる所謂体系のようなものが少しずつ出来上がっていたのだと思っています。

 

 

【ラティクチ+αの並び】

 

 

【ラティクチランドゲッコの台頭】

 

僕がシーズンを通して使っていた並びですが、s5頃にラティクチランドゲッコという並びが現在でも広く使われている一つの並びの完成形として出来上がりました。眼鏡ラティアス+HASクチート+スカーフランドロス+ミズzゲッコウガでかなり広い範囲を素早く対応できるのが強みです。今でも型が変わりつつも並びは崩れず健在している使いやすい並びだと思います。

 

【ラティクチ+スカーフ炎の有用性】

 

オランドさんが最初にラティクチ+スカーフウルガを採用したのが始まりです。ポイントはメタグロスギルガルドをワンパン出来ること+とんぼ返りでミミッキュの皮を剥がしながらクチートを出せるという点です。これをヒントに現在でもスカーフ炎枠はヒードランシャンデラなどに応用されて使われています。

 

【対面型ラティクチ】

 

けいまさんがよく使っている構築で、キノガッサゲッコウガ、zランドロスを始めとするサイクルをあまり回さず対面的に立ち回るラティクチです。火力のあるポケモンが多く並んでいるがサイクルを回しにくいため高度な選出、プレイングが要求されます。

 

構築の傾向は上の3つに大きく分けられるようになり、この頃からラティクチ自体もある程度認識されるようになっていきました。

ここからは並びではなく個体の紹介、考察に関して書いていきます。

 

 

【ラティクチとその取り巻きの個体解説】

 

【ラティクチの型】

 ラティアス

csメガネかゴツメ電磁波リフレク羽休め(癒しの願い無し)のほぼ2択(ちょくちょく瞑想z型や催眠ゲンガーをしばくスカーフもいました)

ラティアスの開拓が進んでいなかったというのもありますがほぼこれだけでした。メガネの場合はパーティが対面寄りになることが多かったです。環境に多かったカバリザグロスに対してメガネラティで崩していくのが大きな仕事の一つですが、そもそもラティクチ使用者でラティアスの使い方を理解していない人が多かったみたいです。

 

クチート

147(172)-165(196)-145- -115-88(140)

今(usmシーズン13)では全く見なくなった型となってしまいました。これはけいまさんが好んで使っていた型であり、ミミッキュの+1ゴzを高乱数(81.3%)で耐え、アシレーヌマリルリ、12振りブラッキーを抜ける調整です。当時レヒレゲッコウガのミズzが少なく、環境にアシレーヌマリルリがそこそこいたことからこの調整を使う方が多かったです。また②は基本的に剣舞を切ってフルアタで使う人が多く、じゃれ不意叩き炎牙(かんち)がほとんどでした。

 

 【ラティクチの取り巻き】

 

ラティクチの取り巻きも使用者の中でいろいろと考察され、ある程度の結論的なものも出たりしていました。

この頃のラティクチの取り巻きの認識として、

1.ギルガルド対策

2.ガッサの胞子対策

3.受けループ対策

4.地面枠(電気無効枠)

5.ゲンガーに弱くない水枠

この条件を満たしつつタイプ補完などを意識して組めばそれなりのラティクチが組めるというものがありました。5のゲンガーに弱くない水枠というのは今では違和感を覚える方が多いと思うので補足しておきますと、SMはs4頃から催眠ゲンガーが急増して特にラティクチに対しては初手催眠など平気でされるような時期がありました。そういった環境でゲンガーに隙を見せる水枠を採用すると簡単に3タテをされてしまう恐れがあったため、当時「ラティクチにレヒレは無し」と言われていました。この認識はUSMシーズン7で誰かさんの登場により覆されることになります。

環境の認識などはこの辺にして、いくつか取り巻きの例をあげていきます。

 

剣舞ドラゴンzガブリアス

 

陽気AS 逆鱗、地震、炎牙、剣舞

SMラティクチの取り巻きではかなりKPが高かった。汎用性の高さと崩し性能に加えギルガルドへの打点と相性は抜群でしたが、zランドロスの台頭やスカーフランド使用者の増加でSM後期にかけて徐々に数を減らしていきます。

 

・撃ち落とす地面zランドロス

 

陽気AS 地震、撃ち落とす、剣舞、身代わり

剣舞ガブリアスと崩しの地面枠を取り合っていました。グライオンエアームドに安定しないことなどからそこまでは増えなかった印象。

 

・スカーフランドロス

 

前述の通りゲッコウガと合わせてラティクチランドゲッコという並びが一つの体系としてs5辺りに出来上がります。ギャラウルガへのストッパーや蜻蛉帰りによるサイクル性能とクチートとの相性はかなり良いのでとりあえず採用してもそれなりに活躍できる汎用ポケモン

 

・リザx

 

入れる場合は崩しの裏メガとして使われます。クチート軸で2メガ自体があまりいなかった為ほとんど見ませんでしたが相性はいいので普通にありだと思います。剣舞のないクチートと組ませる場合は崩しをこちらに任せたりも出来ますが、剣舞クチートを採用するとメガで若干役割が被るので一長一短。

 

キノガッサ

 

陽気がんぷう

胞子の一貫切りとしてガッサはガッサで対策みたいな感じです。ガッサ入りのラティクチは大体対面寄りになるイメージ。当時は剣舞ガッサがそこまでいなかったため陽気岩石が多かったですが、今使うのであれば意地剣舞が良いと思います。

 

・ゴツメめざ岩ジャローダ

 

171(164)- -115-108(100)-116(4)-179(236)

リフスト、めざ岩、リフレク、光合成

ミミッキュzが無かった為、ミミッキュに対してHCSのジャローダが後投げから容易に処理できました。また当時メタグロスも陽気でAを削っている個体ばかりだったのでジャローダで見ることが出来ました。マンダ軸に大きく隙を見せることや意地グロスミミッキュzの台頭でこのポケモンは期限切れに近いです。

 

カミツルギ

 

ASベース zか襷

ガッサの胞子の一貫切りと受けループ対策に使われました。クチート軸のもう一つの鋼枠はテテフなどにある程度後出しが効くポケモンが望ましいのでサイクルは回しにくいかもしれません。

 

・穏やかミラコスイクン

 

207(252)- -135-115(40)-170(156)-113(60)

熱湯、こごかぜ、ミラコ、吠える

ゲンガーやギルガルド、カプレヒレに隙を見せないミラコ吠えるによりSMではかなり対面性能の高いポケモンとして使う人が一定数いました。個人的にガルドの毒やレヒレの瞑想択になったりするのが嫌いなのであまり評価はしていません。

 

・チョッキスイクン

 

上に同じくゲンガーやガルドにある程度強い型ですが、吠えるが無いため後出しした際に毒や滅びで崩されたりレヒレの起点になる為使うなら上の方がオススメです。

 

ゲッコウガ

 

SMではめざ炎ミズzがほとんどでした。言わずもがなの性能でテキトーに採用しても活躍するポケモンなので構築が上手く煮詰まらなかったらこのポケモンから考え始めると良いと思います。

 

・ASゴーストzミミッキュ

 

対面ラティクチでよく使われていました。当時はトリルを絡めたラティクチがほとんど存在せず、剣舞ゴーストzが主流でした。

 

チョッキエンテイ、HDグライ、HDサンダー

 

ガルド受けとして僕や他の方がちょっと使っていたポケモン達です。グライオンは使ったことがないですがエンテイやサンダーは使用感が結構よく、サンダーは今でも使っているくらいには強いのでおすすめです。

 

個体紹介もこれくらいにしておきましょう。

ここまでで現在のラティクチと比べて違うところをいくつか述べますと、

・レヒレボルトロスがいない

トリックルームを絡めたラティクチがいない

クチートのsラインが高く、HAS個体ばかり

ラティアスがほぼアタッカー寄り

などが挙げられます。これは環境の違いの他にラティクチレヒレが無しと言われていたことやそもそもラティクチが発展途上だったということが原因となります。結局SMでラティクチ2100達成者はs6のけいまさん1回きりに終わってしまいました。しかしラティクチはUSMに入ってから様々な要因が重なって構築の傾向が大きく変わります。

 

〜SM編終わり

 

 

 

【USMシーズン7】

USMシーズン7はラティクチ使いの中では革命的なシーズンとなりました。新しい並びの体系化や型の開発、それに乗じたラティクチの急増など振り返ってみてもこのシーズンが一番大きな変化が起こったシーズンだと思っています。このシーズンを機にラティクチが多くの人に認識されるようになります。

【ラティクチレヒレの台頭】

USMに入ってけいまさんとサックーの二人がラティクチレヒレで結果を出し、特にこのシーズン終わりにTwitterに登場したサックーの電磁波願いラティ+レヒレクチートが注目を集めラティクチにおけるレヒレは無いという認識が覆されます。この並びの強みはレヒレクチートの対面性能で数的有利をとり、願いラティで再生して詰みへと切り替えるという6世代のガルクレセのような戦術にあります。これまでゴツメラティは羽を切るケースは無かったのですがこの並びを好む方が増えてシーズン8以降はこの並びばかりになり多くの方にラティクチが認識されるようになります。

 

訂正:s7でサックーさんはレヒレ使っていませんでしたW

s8で使ってたからs7から使ってたものだと勝手に勘違いしていました草笑藁lolw W

 

【Hadクチート

157(252)-157(140)-145- -130(116)-70

ラティクチレヒレに続いて新しく開発されたクチートです。これまでのシーズンまではクチートはHAで使うかHAS個体のsラインをどうするかという次元での考察が多かったですが新たにd振りの要素が加わりました。当時多かった水zゲッコウガに対してdに振ることにより行動保証を持たせたクチートでこれにより対面性能がぐっと上がりました。より高い対面性能を確保したこのクチート+前述のラティクチレヒレがかなり広い対応範囲を持ち、環境に多く見かけるようになります。この型考えたの僕なんですけど今ではこの型のクチートはほとんど見なくなってしまい身内から馬鹿にされているのですが、当時クチートはほとんどの人がAをどれだけ削るかとかsをどれだけ振るかのチキンレースをしていた中Aとsを切ってdに振るという逆転の発想は普通出てこないんですよ馬鹿にするなんて許せないんですよなあお前ら見てるか見てないだろうな・・・

 

 

【USMシーズン8、9】

2100達成者が急増したs7の次のシーズンということでラティクチをかなりレートで見かけるようになります。特に多かったのがs7で結果を出した2つの要素を合わせたHadクチート+ゴツメ癒しラティ+ミズzレヒレです。前述の通り対面性能の高い2体で数的有利を取り、癒しで再展開して詰める構築ですが、数が増えただけで思ったよりも結果を出す人が現れず次々に環境から減っていったのを悲しい気持ちで眺めていたのを覚えています。

この2シーズンにも多少の変化はあり、新しい取り巻きの開発がいくらかあったのでs7と合わせて載せておきます。

 

 

ゴツメ電磁波願いラティアス

 

 

従来のゴツメラティと違うところは羽休めとリフレクターを切り、代わりに癒しの願いとサブウェポンの冷凍ビームが入ったものです。再生技が無いため基本的にエースが暴れた後の再展開用のクッションとなるのが仕事です。

 

 

カプレヒレ

 

 

新たなラティクチの水枠として一気に注目を集め急増したポケモンクチートが苦手な特殊水炎高火力やカバルドンキノガッサの胞子対策などいろいろと相性が良いポケモン。SMと比べてゲンガーの個体数が減ったことも増加に拍車をかけたのだと思います。型はミズzが主流でHCかCSかは好みによる。キノガッサなどを重く見るならCS、サイクルに重きを置くならHCと言う感じです。グロス環境の今では多少の向かい風を受けていますが汎用性が高いポケモンのため今後も活躍が期待されます。

 

 

耐久きのみボルトロス

 

s8で使用してみたところ使用感がよく他の方の手にも馴染んだのかそこそこ数を増やしたポケモンです。行動保証があるため展開しやすくクチートが苦手なカバルドンテッカグヤドヒドイデなどに挑発を絡めてかなり有利に立ち回れるためカバマンダや受けサイクルに対してボルトクチートの並びでサイクルの主導権を握れるのが強みだと思っています。

 

 

剣舞ラムガブリアス

 

ラムのみを持たせることでカバリザや受けサイクルへの崩し性能を上げたポケモンです。オランドさんが連続してこのポケモンで結果を出してランドロスと並んだ地面枠として定着します。ゲッコウガやスカーフテテフに行動保証がないことやミミッキュに弱いところがネックとなるので裏には穏やかスイクンやとんボルチェンが出来るポケモンを置いて対面サイクル的な立ち回りをすることが多いです。 

 

メガメタグロス

 

ずっと黙っていましたが色違いメタグロスがかっこよくてテキトーにラティクチにぶっ込んだのが始まりです() テキトーとは言ったものの採用にはそれなりの理由があり、従来のラティクチではテテフに受け出し出来るポケモンがあまり使われておらず、また急増していたゲッコウガに簡単にやられてしまったりミミガッサやメタグロスなどに殴り負けやすいという弱点がありました。そこで行動保証を持たせたボルチェン要員(サンダーやボルトロス)+メタグロスでゲコミミを縛ったり、テテフやキノガッサに大きな圧をかけられるという点を評価し採用に至りました。使い始めた当初は周りからこれでもかというくらいダメ出しを受けていましたがスタンパへのタイマンにはグロス、崩しにはクチートという明確な差別化が出来ている以上問題はないと使い続けたところ、ある程度結果も残せ多少は認めてもらえたという感じでした。実際スタンパにはグロスを出すことが多いためクチートの選出率は下がりますが、役割をしっかりと理解した上で使う分にはラティクチと相性は良いと思っています。

 

ヒートロトム

 

グロス環境が亢進して刺さりが良くなったポケモン。対面操作が出来てコケコグロスあたりに強いポケモンは大体クチートと相性が良いため採用し得です。

 

木の実ウルガ

 

鋼を起点に取り巻きの水枠までギガドレで一掃出来るためクチートの裏の切り返しとして使われます。サイクル向きでは無いため死にだしから舞っていくことが基本になりとりあえず投げられるポケモンではないがサイクルの崩しにはかなり有力です。

 

 

 

【USMシーズン10】

クチートガチ介護スタン】

これまでで紹介されてきたラティクチの優秀な取り巻き達を補完を意識してかき集めたようなクチート軸です。クチートとエースの再展開サポート要員のトリルミミッキュを軸に、カバリザや電気地面の引先のラティ、カバマンダやドヒドカグヤ、受けサイクルへのクチートのサポートに挑発ボルト、胞子の一貫切りやカバ、ドラン、ゲコの引き先のレヒレ、そしてカバリザテテフやゲンガー軸、グロス軸、その他害悪系統に一貫が作りやすいスカーフヒードランという並びです。かなり具体的な紹介ですが、自分の中ではラティクチの結論パに近いものだと思っています。エースのクチートで殴っていく上で障害となるポケモンや要素1つ1つに対する役割を明確に取り巻きに持たせるという至ってシンプルなコンセプトですが、受けだしを許さない圧倒的な対面、崩し性能を持ったクチートの性能を最大限に引き出すことが出来ます。スカーフドランがばれると弱いポケモンなので次シーズンからは持ち物や役割をずらしつつクチートを介護する要素を崩さないような並びが多く見かけるようになります。

 

やたらこのシーズンだけ自画自賛が甚だしいですが許してください

 

【Had→HA剣舞へのシフト】

s7からHadクチートが主流となっていましたがミズzをぶっ放してくるゲッコウガやカプレヒレが減ったためクチートのd振りの意味が薄れ、環境に多かったcsリザやウルガモスを縛れたり生意気ガルドやその他受けサイクルを破壊できるHA剣舞復権したシーズンでもありました。これにより構築内の崩しをクチートに一任出来るようになり更に取り巻きの多様性が広がりました。

 

【トリルミミクチの有用性】

ミミクチ自体は以前からあり、トリルミミクチもs9に使っていたのですが日の目を浴びることはありませんでした。同シーズンにアグロクチートと呼ばれる構築にトリルミミッキュが採用されていたこともあり一気に注目度が上がりました。取り巻きのサポートよりもクチートを通すことが出来そうな場合にミミクチという並びは非常に強力でポリゴン2と違って後投げから比較的安全にトリルを張り、呪いで自主退場できるという点や、ミミッキュが単体でもzによる圧力や呪いによる崩しが出来るためクチートのサポートをしつつ自信でも対面、崩しの役割を持つことが出来ます。

 

 

 

 

 

【USMシーズン11】

s10に続いてラティクチで2100達成者が一人しかおらず大きな変化は無かったシーズンでした。その構築は僕ではないので勝手にあまり語ることは出来ませんが、s10で紹介したもののスカーフがボルトに移り、炎枠が襷シャンデラに変わったものでした。スカーフ炎が読まれるのを逆手に取ったのか、そもそもの補完がこれでとれていたかの真意は置いておいて、スカーフ炎の奇襲に頼らずスカーフ持ちの対面操作や襷による行動保証で役割を上手くずらしていたところがかなり上手いと思いました。

 

このシーズンは本当に変化が少なくこのあたりからネタ切れ感が出てきます。

 

 

【USMシーズン12】

 

 

考察の限界が来て既存の並びにちょっとしたアレンジを加えたくらいでほぼ見たことあるものばかりになりました。新しい案が出てこない限り既存の並びを少しいじるだけになりそうで不安です。

 

s11、12で新たに出てきた取り巻き

 

きのみギャラドス

ウルガと同じく鋼などを起点に抜いていくポケモンウルガと違い受け出しがしやすく起点に出来る対応範囲が広いためサイクルも回すことが出来ます。

 

スカーフダルマ、ホルード

両者ともグロスをワンパン出来て蜻蛉帰りが出来るという利点を持ちます。スカーフは読まれやすいですがパワーがかなりあるため裏にも多大な負担がかけられます。

 

 

 

【終わりに】

ここまで長々と読んでいただきありがとうございます。だいぶ自分語りな節があったことは反省しますが、ラティクチに対する考察や発展への熱意は誰にも負けない自信があり、それなりに7世代のラティクチの発展には貢献できたと自負しています。7世代も結構な時間が経ってラティクチの開発が進み、そして停滞してきたということで今回記事を書くことに至ったわけですが、まだ1年近く7世代環境は続くためこのまま停滞していてはいけないと思っています。しかし現実は個人的にネタを出し尽くした感が否めず自分の中でのラティクチはs10を最後に止まっている感じです。既存の並びで結果が出せるのも時間の問題だと思うのでこの先どうしていこうかと頭を抱えている時期です。新しい並びを開発する気力も出来る気も現状ではあまりないので案をもらえたり降りてくることを祈っています。かなり長い記事となりましたがまだ書き足りないところが後々出てくると思うので随時追記していきたいと思います。何かありましたらTwitter@pokemon_yabuまでお願いします。最後にここまで読んだいただいて本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【s12最高最終2140 最終9位】百花繚乱夢幻ノ舞

s12お疲れ様でした。ヤブと申します。今期終盤はテスト期間で気が病んでいて時間節約のためTwitter本垢を消していた状態での戦いでした。そうは言ったものの裏でコソコソ監視していたり通話はしていたりとあまり意味があったのかどうかはわかりません()

構築名ですがラティアスの分類は夢幻ポケモンで、クチートの剣の舞と掛けて夢幻ノ舞ってやったらカッコいいなー的な感じでつけました。接頭四字熟語は基本。(雰囲気的に合いそうな百花繚乱を今回は入れました。)

 

先に結果を載せておきます。

今期は3romで潜っていました。

f:id:maygirl_pokemon:20181106085728j:image

TN IzumiSagiri 最高最終2140

TN Monologue 最高2105最終2047

TN ヤブ 最高知らん最終19xx

f:id:maygirl_pokemon:20181106084853j:image

f:id:maygirl_pokemon:20181106131629j:image

 

QR公開しました

QRレンタルチーム「百花繚乱夢幻ノ舞」のページ|ポケモングローバルリンク https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-48FC-8337 #pgl

 

 

構築経緯

現環境で間違いなくトップメタであるグロス軸に後手に回る構築は弱いと感じたので、ラティクチと相性が良いとされているレヒレf:id:maygirl_pokemon:20180326074407p:plainミミッキュf:id:maygirl_pokemon:20180313085326p:plain、ナットやドランf:id:maygirl_pokemon:20180313085029p:plainなどアムハンが抜群で入る鋼枠を採用せず、ヒトムグロスf:id:maygirl_pokemon:20180712095747p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117181721p:plainを上から叩けるミズzゲッコウガ、鋼枠に最速地震グロスを採用。f:id:maygirl_pokemon:20180117175737p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117181721p:plain

(これに関してスカーフヒトムの指摘を受けたので補足しますと、中〜終盤潜っていてヒトムグロスのほとんどがサイクルではなく対面寄りであること、尚且つヒトムがみんな炎zだったということからスカーフをほぼ切っていました)

この2体でヒトムゲコグロスf:id:maygirl_pokemon:20180712095747p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117175737p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117181721p:plainを相手したいと考えたが初手に不利対面をとった時の切り返しが効かない為この3体に対して比較的安全に展開かつ対面操作が可能な穏やかサンダーを採用。f:id:maygirl_pokemon:20180117181008p:plain

電気の一貫を切りつつグロスを蜻蛉地震で縛れてここまでで重めなギャラドスf:id:maygirl_pokemon:20180518045500p:plainなどにある程度仕事ができるスカーフランドロスを採用。f:id:maygirl_pokemon:20180117175813p:plain

ここまでで受けに対する崩しが足りない為剣舞クチートクチートで辛めなグライオンヒードランを起点にできる身代わり瞑想ラティアスを採用して構築が完成した。

f:id:maygirl_pokemon:20180117175702p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117175721p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117175737p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117181008p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117181721p:plainf:id:maygirl_pokemon:20180117175813p:plain

 

ここまで読んでみるとラティクチというよりはただのグロス軸の補完のラティクチのように見えるが、実際トップメタのグロス軸にラティクチを出して安定して勝つのはかなり厳しい為(ゲコグロスの上からの追加効果)スタンダードな構築にはラティクチ以外の4体で戦う事が多かった。しかしラティクチをかなり崩し性能の高い型にしたおかげもあり受け構築に対する勝率はかなり高かったので軸を少しズラすコンセプトは間違っていなかったと思う。

 

 

基本戦術(コンセプトみたいなの)

1.攻めっ気のある構築にサンダーで安全に対面操作し、単体性能の高いゲコランドグロスで攻め、詰める

 

2.耐久ポケモンをサンダーの毒+ゲコラティの身代わりで嵌める

 

3.受け構築をラティクチで崩し、高速アタッカーの一貫を作る

 

 

個体解説

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022029g:plain

ラティアス@エスパーz

臆病

157(12)- -111(4)-160(236)-151(4)-178(252)

サイコキネシスシャドーボール、瞑想、身代わり

 

コケコの眼鏡シャイン最高乱数以外耐え

 

グライオンヒードランを嵌められるラティアスシャドーボールの枠は10万と交互に使っていたがグロスポリグライやカバリザテテフなどを意識してシャドボで使った。ゲッコウガもそうだがサンダーの毒と合わせて毒みがでポリ2やカビゴンを嵌め殺せるのが強かった。ゲッコウガを見るだけで選出が縛られるので10万にしたほうがいいかもしれない。

 

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110021942g:plain

クチート@クチートナイト

意地っ張り

155(236)-172(252)-145- 115-73(20)

アイアンヘッド、叩き落とす、不意打ち、剣の舞

 

メインウェポンは命中安定かつモロバレルドヒドイデへの勝率がグンと上がるアイヘ。ドヒドに対する勝率など多くの人から聞かれたので追記しますが、剣舞アイヘがドヒドに約半分入り、アイヘ+持ち物無し叩きで大体落とせるので動いて熱湯で焼かれる(21%)を引かない限りは勝てます。身代わりグライオンに命中安定技のppを枯らされないのも強み。メタグロスに出番を取られ出せる構築こそは少なかったが増加傾向にあった受け構築への刺さりは凄まじかった。

 

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022023g:plain

ゲッコウガ@ミズz

臆病 変幻自在

147- 87-155(252)-92(4)-191(252)

ハイドロカノン、冷凍ビーム、悪の波動、身代わり

 

リザグロスやその他汎用的なzとしてのミズzとマンダに打つ冷ビ、重いギルガルドをボコるための変幻身代わり悪波で技構成は完成。刺さっていると感じたら選出し🉐。カバマンダはマンダゲコ対面を作り崩していく。

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20180117174217g:plain

サンダー@マゴのみ

穏やか プレッシャー

191(204)- 116(84)-146(4)-145(172)-126(44)

ボルトチェンジ、熱風、毒毒、羽休め

 

最速カグヤ抜き抜き

陽気ランドの岩石2耐え、爆発耐え

(意地だと乱数)

211リザyの晴れオバヒ耐え

ゲコの珠冷ビ耐え

 

サンダーより速い挑発ボルトロスに何回か遭遇した為普段使っている型よりsを1伸ばした。役に立った場面は無かったが耐久面の乱数もほとんど変わらなかった為これでいいと思う。ゲコランドグロスが出し負けるポケモンがいる場合はサンダーから展開していく。役割対象へボルチェンで繋ぐ他に、毒により耐久ポケモンを潰して一貫を作る仕事をしてもらう。またカグヤナットハッサム辺りもこいつで見てた。サンダーで詰む選出をされることがよくあった。

 

 

 

 

 

 f:id:maygirl_pokemon:20180117174047g:plain

メガメタグロス@メタグロスナイト

陽気

171(124)-182(132)-170- -130-178(252)

アイアンヘッドバレットパンチ、冷凍パンチ、地震

 

216一致地震耐え

 

意地グロスが多かった為最速地震グロスミラーにかなり強かった。スタンダードなパーティにはほぼ選出していた。ゲッコウガと並んで間違いなく現環境トップのポケモンだと思う。

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20171110022415g:plain

ランドロス@拘りスカーフ

陽気

165(4)-197(252)-110- -100-157(252)

地震、岩雪崩、とんぼ返り、大爆発

 

馬鹿力を打つ場面がメガギャラくらいだったので抜群馬鹿力よりも火力が出て起点にもならない大爆発に変更した。爆発にすることでコケコマンダvsランドグロスになった時の勝率がかなり上がった。また舞ったギャラ対面でメガ進化の択にならず爆発+バレットでギャラを縛れるのも良かった。

 

 

 

メジャーな構築への立ち回り

グロス

初手を出し違えないことと誰を通すかを考える。基本的にゲコで崩してサンダーグロスで詰める感じ。

 

・カバマンダ

大体コケコマンダガルドで来るのでスカーフランドで睨みを利かせゲコマンダ対面を頑張って作る。あとはゲッコウガで宇宙。グロスのHPを削らずにvsコケコマンダの状況を作ることが大切。

 

・ガバリザ

今期はほとんどがxだった為ラティをあまり出さずランドグロスを通すことを考えて立ち回る。基本サンダーランドグロス

 

・受け構築

ラティクチ@1。バレルドランにはゲコ、受けループにはサンダーもしくは一貫が作れそうな場合はランドロスを選出。

 

 

 

s12を終えた感想

今期は密かに抱いていた目標がいくつかありました。1つは最終1ページ目、1つは6世代からのラティ(アス)クチ最高レートの2187を超えること、そしてその為に最終日までに2100ロムを3つ用意するということでした。こいつ正気か?と思うかもしれませんが実際本気でやる気でいました。目標が高すぎたことや試験期間が終盤と被ってしまったというのもあり3ロム2100の目標は2ロムに終わり、2187を超える目標も最終日早朝に2100を往復する連戦でメンタルがやられ最高レートを更新したところで満足してしまい2140で撤退に。しかし最終9位という1ページ目の目標は見事に達成することができあまりの嬉しさに13時の更新を見た今でも自分の目を疑ってしまうほどでした。全ては成し得ませんでしたが2100帯でこんなに対戦をしたのは初めてでレート最終日の楽しさを存分に味わうことができました。目標には届かずとも結果は非常に満足のいくものであり、目標を高く掲げることは良いことだと感じられたシーズンでした。今期はいろいろと出し尽くしてしまったので来季はちょっとマイオナで遊んだりスペレなどを楽しんだりしていきたいです。それでは改めてs12お疲れ様でした。対戦してくださった方々、最終日まで通話を共にしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

 

追記

f:id:maygirl_pokemon:20181106131641j:image

通話メンツで仲良く1ページ目飾れたのめちゃくちゃ嬉しいです。

 

 

Twitter @pokemon_yabu

ガバオフに行ってきました

こんにちは(ᯅ̈ )/

先日ガバオフというオフ大会に参加してきました。普段はオフレポなどは書いていないのですが今回は2泊6日というオフにしてはかなりの長旅で思い出になったことも多いので書くことにしました(๑•ᴗ•๑) まぁ6日といっても最初の最後の日はバス乗ってるだけなので実質4日ですが()

サムネ用

f:id:maygirl_pokemon:20180917101102j:image

 

9月13日(木) 1日目

実習を終えて家路へ向かう学生達。疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。

 

夜行バス乗っただけです

 

9月14日(金) 2日目

11時間の乗車を終え大阪に降臨。バス乗ってる時にQpokeさんがこんな写真上げてて笑いました。

f:id:maygirl_pokemon:20180917102514j:image

 

着いたものの夕方までやる事がなかったので梅田のカラオケに行きましたが、バスで寝たらなかったので2時間就寝して終わり

カラオケを後にして駅ビルのスタバで今度はSDと周回をやるという大阪に来てまで何やってんだ…って感じでした。

流石にこのまま何もしないのもアレだと思いTwitterを眺めていたところクゥリさんとむくれねこさんの会話で近くにりゅうおうのおしごと!の聖地があることを知り荷物を持って動物園前駅へ!💃

 

 

 

あーーきはーーばらーーー!!!(^o^)ノ イエー!

f:id:maygirl_pokemon:20180917103253j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917103250j:image

ということで通天閣です。実際アニメでも出てきた将棋道場なども見る事ができテンションはMAXに

f:id:maygirl_pokemon:20180917103619j:image

調子に乗ってパシャパシャ写真を撮っていたところ…

 

???「○○○○先輩!○○○○先輩ですよね!?」

 

僕  !?

 

部活の後輩に会いました。彼らは同期の友達と旅行に来ていたようです。学校と部活の幹部の仕事サボってるのバレました。

 

後輩「一人で何してるんスカ?w」

僕「ポケモンの大会だよ(錯乱)」

後輩「W」

 

一応その後輩は僕がポケ勢ということを知っていたのでこれだけで通じたようです。

後輩から冷やかされた頃には夕方になっていたので電車で梅田に戻り、乗り換えて京都のやんこぽけのもとへ向かいました。

駅で多少迷子になりつつもなんとかやんこと合流。ふと見えてしまったやんこさんのスマホの待ち受け画面で失望しました…

f:id:maygirl_pokemon:20180917104730j:image

 

でっぱも遅れて到着し3人で京都駅のラーメンを食べました

f:id:maygirl_pokemon:20180917104538j:image

その後酒を買ってやんこ宅へ

飲酒97世代RTAキャスで盛り上がりました。僕はSBMさんからもらったカバリザ運ゲのQRでやんこのスナイプに成功したのですが順当に敗北し切断。SBMさんからLINEで説教を食らい酔っていたのでそのまま寝落ち💤

 

9月15日(土) 3日目

でっぱはジェネオフのため朝早くに出発。昼前に起きた僕とやんこでチハヤカズオを迎えに京都駅へ。

f:id:maygirl_pokemon:20180917114031j:image

紗霧ちゃんのTシャツを部屋着に持ってきたのでクッションにかけて抱き枕にしてみました╰(*´︶`*)╯

 

なんと意外にもここでチハヤと初対面。めっちゃ頭の良かった高校同期に顔が似てました。

お好み焼きを食べたのですが写真がなかったので割愛。

 

午後は京都観光をしました。バロ様の聖地鴨川や甘味処、清水寺など観たいところを一通り訪れここで一番旅行らしいことをしました。

f:id:maygirl_pokemon:20180917110403j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917110357j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917110400j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917110354j:image

 

夜は焼き鳥屋で前夜祭ならぬ飲み会🍻

f:id:maygirl_pokemon:20180917110459j:image

ジェネオフでやざわの構築を使った方が優勝してやざわが調子に乗っていたので酔った勢いでみんなで一斉攻撃したところやざわが傷心。ブログも消えてたような気もしたけど多分気のせい

f:id:maygirl_pokemon:20180917110802p:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917110805p:image

f:id:maygirl_pokemon:20180917110454j:image

 

9月16日(日) 4日目

待ちに待ったガバオフ。チハヤと共に運営に目をつけられていたので恐る恐る名札を貰いに。今̶回̶は̶髪̶も̶黒̶く̶し̶た̶し̶眉̶も̶整̶え̶て̶き̶た̶か̶ら̶大̶丈̶夫̶だ̶ろ̶う̶。NACKさんが上手く(?)取り繕ってくれて無事名札を手に入れる事ができました。

f:id:maygirl_pokemon:20180917111441j:image

 

僕のクラスはパイン組でした。先月のサブローカップでは別構築に浮気して散々な結果に終わったのでガチガチのラティクチを持っていったところ7勝2敗で予選2位抜けすることができました。
f:id:maygirl_pokemon:20180917111448j:image

トーナメント出場者が前で意気込みを語るというのがあったのですが、強者ばかりで緊張して話し始めるタイミングを間違えてめっちゃ噛んだせいでコミュ障インキャオタク発動してしまったのが心残り。

f:id:maygirl_pokemon:20180917111446j:image

 

そして決勝トーナメントでは昨日の雪辱を晴らさんとばかりの初戦やざわ。ヒトムレヒレグロスvsボルトレヒレクチートの激アツな試合を制し2回戦へ。

2回戦の相手はあの有名強者の非力さん。トーナメント前に非力さんとジジーロンの話をしていたにも関わらずジジーロンに3タテされ僕のガバオフはベスト16という結果に終わりました。前回予選落ちで終わったので予選抜けから1勝できて本当に良かったです。

 

負けた後は恒例のマルチ(^o^)ノ イエー!
f:id:maygirl_pokemon:20180917111439j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917111444j:image

 

ガバオフも無事終わり二次会へ。FFのたくさんの方と話せてとても良かったです。僕がTwitterでよくやってる身内ネタは思いの外絡みが少ない人にも認知されていたようでTwitterって怖いと思いました。

 

 

乾杯!!🍻

f:id:maygirl_pokemon:20180917113952j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917113947j:image

飲み会は事前から約束していた人たち15人ほどで予約していた焼肉屋に行きました。疲れた身体にビールが沁み渡り良い感じに酔ったので色々とラインの超えた話が楽しめました。仲の良い人たちと飲むお酒はめちゃくちゃ美味しかったです。

 

焼肉の後はカラオケオール🎤

酔ってテンションがおかしかったので大部屋で何人かは服を脱ぎ出しこの世の終わりのような部屋になっていました。

f:id:maygirl_pokemon:20180917115806p:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917115803p:image

f:id:maygirl_pokemon:20180917115828j:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917115810p:image
f:id:maygirl_pokemon:20180917115814p:image

f:id:maygirl_pokemon:20180917115741j:image

多分一番酔っていた僕は序盤に連続で10曲くらいぶち込んで歌うだけ歌って終わったら速攻寝るというガイジプレイをかましました。

 

9月17日(月) 5日目

オケオール明けでみんな疲れたポケ勢達。疲れからか不幸にも(ry

頭が回らなかったのでカフェ的なところやマックをハシゴし昼飯まで時間を潰す。

ここら辺でどんどんと帰り出す人が増えて昼飯を食べる頃には14人いたメンバーが4人になっていました…

旅のシメに2日ぶりのお好み焼きを食べてきました(๑•ᴗ•๑)

f:id:maygirl_pokemon:20180917221336j:image

 

昼飯を終えたところで解散する予定だったのですが2日間外で動きっ放しで身体中ベトベトになり同伴のチハヤが限界を迎え、銭湯に行こうと提案。チハヤと一緒に東京に帰るカズオも同意、僕とはるひらは夜まで暇だったし銭湯行きたさもあった為急遽4人で近くの銭湯に行くことになりました♨️

 

歩いて10分ほどのところにこんな立派な銭湯がf:id:maygirl_pokemon:20180917221656j:image

ここでついに約束された「チハヤ、全裸になる」が決行。Twitterで大々的に発表したところオフ会場でその姿を拝めなかった人々からの大反響。流石人気者は違うと感じました。誰のおかげでこんなに人気者になれたかは当人が一番良くわかっていると思うのでチハヤさんはフォロワーの一部を僕に譲りなさい

f:id:maygirl_pokemon:20180917222059p:image

 

 

そして王道を征く風呂上がりのコーヒー牛乳をバチコリキメて地下鉄へ!

f:id:maygirl_pokemon:20180917222203j:image

 

梅田駅に着いたところでチハヤとカズオとはお別れ。ガバオフ前日からここまで付き合ってくれた2人には感謝です。

 

その後はるひらと二人で今度はポケセンで遊んでいるテイルとクゥリさんのもとへ💃

ポケカをしているところに合流し、クゥリさん指導のもとポケカに挑戦👊(昔ゲームボーイ版でやり込んでいたので最低限の知識はありました)

f:id:maygirl_pokemon:20180917222625j:image

結果2-0で漏れ氏圧勝Wコイントス運ゲ最強W

ポケカも食わず嫌いしていましたが実際にやってみると面白いですね(๑•ᴗ•๑)

 

ポケセンを後にした4人は僕の希望でアニメイトへ。オタク4人で書籍棚のラノベのイラストを見てはうおwうおwとヘラヘラしてて我ながら気持ち悪かったです。冴え彼のグッズ目的で来店したわけですがほとんどグッズが置いておらず、仕方なく3分の1で声優サイン入りのキャラカードが当たるガチャに挑戦。

f:id:maygirl_pokemon:20180917223546j:image

なんと日笠陽子サイン入りの秋山澪ちゃんのカードを当てることができました!!

更に読みたいラノベを3冊ほど購入、目的の品は買えなかったけど充分満喫できました。

 

夜行バスまで時間があった為駅前の飲み屋へ、遠征4日連続4回目の飲みである。

f:id:maygirl_pokemon:20180917222842j:image

もつ鍋屋で優勝🍻

レートの話やちょっとした裏話、またちょうどこの時間にTLに流れていた改造個体の話でとても盛り上がりました。

 

90分程飲んだところで店を後にし夜行バスへ向かうクゥリさんを見送り。次いではるひらともお別れ。最後に残った無一文のテイルと二人で僕の奢りで2件目へ💃

f:id:maygirl_pokemon:20180917223854j:image

医大生同士の飲みでもあった為ポケモンの話だけではなく、勉強の愚痴や嘆きなど色々と話題が噛み合いポケモンオフの夢心地の気分から一気に現実へと引き戻されました。

f:id:maygirl_pokemon:20180917223856j:image

大阪で散々飲んでいるのにまだ日本酒を飲んでいなかったので日本酒を注文、おちょこが来なかったので頼んだらとんでもない大きさの湯呑みが来てビックリしました。鳥貴族にはおちょこが無かったみたいですね…

仕方なく湯呑みで日本酒を豪快に堪能。普通に美味しかったです。

 

今度会った時に飯を奢ってもらうという約束を交わし飲み代は立て替え、テイルの案内でバス停まで行き解散して僕のガバオフ遠征は完全終了となりました。

一応6日目はありますが夜行バスに乗って降りて帰宅するだけです。帰るまでがガバオフって言うし多少はね?

 

 

ということでガバオフ含めた関西遠征を無事終えることができました。オフではベスト16という成績を収めることができ、オフ以外ではいろんな人といろんな場所で遊ぶことができ想像の何十倍も楽しませてもらいました。ガバオフはこれで最後となるので寂しくなりますが、また何かのオフでこのような素晴らしい思い出が作れたらなと思っています。最後に2日間泊めてくれたやんこ、オフで対戦した方、僕と話してくれた方、何日間も僕と遊んだり飲み歩いてくれた方、本当にありがとうございました!!この夏の最高の思い出になりました😄

 

 

追記

やんこの家にパンツ忘れました‪(  ╯︵╰)‬

f:id:maygirl_pokemon:20180918001404j:image

 

【s11中盤2000達成】脳ミソ溶解クモグロス【サブローカップ使用構築】

こんにちは('0')/

この中盤2000達成シリーズはs9のロップガルドサンダー以来ですね。今回は以前から気になっていたオニシズクモ入りの構築を使って2000に行くことが出来ました。サブローカップでも使用して一応はチーム3位という結果でしたが個人2-7という無様な戦績だったのでそこはあまり表に出さないようにします。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911084719p:image

構築経緯

前期の夢咲ちゃんの影響で終盤はともかく序盤はトノラグが増えると予想し、構築の必須枠となりつつある水枠をラグに強く雨波乗りで裏のコケコツルギをワンパン出来て、水枠ミラーとなった時にゲッコウガなどに有利が取れる特殊オニシズクモを採用。

クモの水、炎、地面、格闘に対する耐性と相性のいい鋼タイプのメタグロスをメガ枠として採用。

クモがマンダに弱く、メタグロスも技構成上マンダに勝てない型となっている為、鋼以外のマンダ受けとして最適ともいえるHB静電気サンダーを採用。

電気やリザードンxが重いので気合玉や草結びなどの役割破壊を除けば電気にほぼ無限に後投げが出来てリザxyに両対応可能なチョッキマンムーを採用。

ジャラランガやその他積みへの切り返しとしてミミッキュを採用。

最後にグロスポリグライドヒドやバナバンギカグヤ、その他受けサイクルの崩しにウルガモスを採用して構築が完成した。

 

個体解説

 

f:id:maygirl_pokemon:20180910130022j:image

メタグロス

意地っ張り

159(28)-213(228)-170- -130-162(252)

アイヘ、バレット、アムハン、地震

 

唯一のメガ枠で対面性能も高い為ほぼ絶対選出に近く初手に投げることが多かった。あくびループを抜ける手段がない為カバルドンにアイヘを連打したり色々欠陥があった。技構成は鋼に最も打点が取れるアムハン地震にしたがれんちが欲しい場面も多かった。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911024740j:image

オニシズクモ@バンジのみ

控えめ

175(252)- -118(44)-106(212)-152-57(s個体値20)

波乗り、まとわりつく、ねばねばネット、どくどく

HB…特化リザxの逆鱗最高乱数以外耐え

C…波乗りでHBカバ確1、共有カバ乱数50%、ブレードフォルムのH振りガルド中乱数1発

雨波乗りでコケコ、無振りツルギ確1

HD…CSメガゲンのヘド爆超高乱数2耐え(きのみ込み3耐え)

S…最遅ガルド抜かれ

 

メタグロスの相棒。まとわりつくの枠は最初起点回避や襷ランドの岩石2耐えができる飛びかかるを採用していたが打つ場面が少なかったのでまとわりつくに試験的に変えてそのまま最後まで使用した。安定してゲッコウガを受けられたり、毒で数値受けを崩してグロスの通りを良くしたり受けサイクルをまとわりつくでキャッチしたり独特の性能を持っていた。ねばねばネットグロスと相性がよく使いやすかった。一応ガルドにも後投げが効くのでクモで削ってグロス圏内に押し込むという動きも出来た。レヒレに何もできないのでレヒレを見ただけで出しにくくなるのがアレだった。

 

追記

色個体はフォロワーのあおいちゃんから頂きました、本当にありがとうございます。

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911025405j:image

サンダー@マゴのみ

控えめ 静電気

191(204)- -136(244)-160(4)-113(20)-125(36)

ボルチェン、熱風、めざ氷、羽休め

H…4n-1

A216マンダの+1恩返し超高乱数2耐え

最速カグヤ抜き(正直準速70族抜きでいい)

残りd余りc

197-130マンダの身代わりをボルチェンが確定で破壊

 

主にマンダ受け。個体はらりるさんから借̶り̶パ̶ク̶お借りしています(必ず返します)。マンダ軸に対してグロスで1匹持っていきサンダーマンムーのサイクルで詰めという動きをする事が多かった。控えめ個体しかいなかったが上記の通り控えめでもマンダは受かり、HDマンダの身代わりをボルチェンで確実に割ってマンムーに繋いだりカグヤナットを大きく削れたりと控えめの恩恵の方が大きかった。マンダナット意識で熱風を入れたがHDマンダにガン積みされて負けた事があるので毒もかなり欲しかった。毒がない分マンダはサンダー1匹で見るのではなくマンムーの礫やミミッキュを絡めて立ち回る事が必要。静電気ガチャは要らないところでばかり引いて肝心な時に引かないので信用し過ぎてはいけない。

 

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911031207j:image

ブチギレマンモス@とつげきチョッキ

意地っ張り 厚い脂肪

189(28)-192(196)-109(68)- -96(124)-112(92)

氷柱、地震、礫、岩封

HB…特化リザxの一致120技最高乱数以外耐え

HD…211リザyの晴れオバヒ最高乱数以外耐え

S…岩封後最速100族抜き

 

電気受けとリザへのタイマン。体力が1でも残れば礫でラス1マンダなどに仕事が出来るので簡単には切らない事が大事。グロスの苦手なガルドも特殊であれば後投げは可能。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911033105j:image

ウルガモス@命の珠

控えめ 虫の知らせ

161(4)- -85-205(252)-125-152(252)

大文字、さざめき、サイキネ、蝶舞

 

さざめきでHD特化バンギラスを確2(きのみ圏外)、HD特化チョッキバンギを確3

+1サイキネでH振りドヒドイデを確1

同上でH振りメガフシギバナを確1

+1大文字でHDグライオン(181-139)を高乱数1発(87.5%)

同上でHD特化ポリゴン2を確2

+2知らせ発動時さざめきでHD特化メガフシギバナ確1

 

上のダメ計からもわかる受けサイクルキラー。グロスポリグライドヒドやバナバンギカグヤを破壊できるポケモンを考えた時にz持ちでは1体は突破できても裏で止まるというポケモンがほとんどであった。zではなく全技の火力を上げる珠なら可能なのではと色々ダメ計を回したところこの構成のウルガがぴったりハマったので採用に至った。バンギに対して交換読みさざめきを当てる必要があるがそこの読みやすい択1回だけで崩せるのは強いと思った。ウルガをドヒドで見てくる受けループなどにも勝てたりする。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180911035047j:image

ミミッキュ@ミミッキュz

意地っ張り

155(196)-143(156)-119(148)- -126(4)-117(4)

じゃれ、影、呪い、トリル

 

ラティクチで使ってたやつの流用。トリルは一応クモとのシナジーがあったのでそのままにした(ppを全部増やしていたので変えるのが面倒だった)。元々襷で使っていたがステロや砂で腐ったり皮が無くなった後マンダに役割が持てなかったりと不便なことが多かったのでABミミzに変更した。クモグロスサンダーマンムーから3体が基本選出のためそこまで出すことはなかったがジャラランガへの圧力や害悪対策などにもなり無難に強かった。呪い+マンムーオニゴーリを完封できるのも強みと言おうとしたがサブローカップ準々決勝で連続でcを上げられマンムーが急所と合わせて突破されて負けたので完封は出来ません。

 

 

無理なポケモン

ロトム、鬼羽リザx

サブロー予選でぼんこふさんに完全敗北しました。3決でこのチームと再戦したのでオーダーで絶対当たらないように中堅から逃げてなんとかチームメイトに倒してもらいました。

 

 

今後もこういったラティクチ以外での2000達成構築シリーズは続けていきたいので頑張りたいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。QRも出したので是非使ってみてください。何かありましたら@pokemon_yabuまで

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-190C-4778

f:id:maygirl_pokemon:20180911040702j:image

 

【s11最高2083最終19xx】お祈りラティクチゲンガー

s11お疲れ様でした。見ての通り今期は最終日に勝ち切ることが出来ず悔しい結果に終わりました。来期に繋がるように今回は構築紹介というよりは反省文という気持ちで書くことにしました。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904163913p:image

TN IzumiSagiri 最高2083最終19xx

TN ヤブ 最高2006最終17xx

 

構築経緯

前期の結果が良かった分序盤〜中盤はそれに甘えて同じ並びを使用していたのですがスカーフドランの警戒度が強まって刺さりにくくなったので蜻蛉帰りで対面操作が出来るランドロスに変更し、一旦は2000に乗せられた。しかし結局重いグロス軸の解決にはなっておらずメインロムが1700に突入して解散。

グロス軸にはラティクチとは全く別の軸で戦うことにし鬼火ゲンガーから組み始めた。クチートともゲンガーとも相性のいいランドロスを採用。テテフやゲッコウガウルガモスが厄介だったのでHDポリゴン2を採用。この段階でランドロスを鬼火や電磁波と相性の良い身代わりビルド型に決めた。最後にフェローチェジャラランガなどを止められ、クチートランドと合わせたタテの並びで役割集中の形態が取れるミミッキュを採用して構築が完成した。

 

 

個体解説

f:id:maygirl_pokemon:20180904200659j:image

ラティアス@エスパーz 

臆病

157(12)- -111(4)-160(236)-151(4)-178(252)

サイキネ、10万、シャドボ、瞑想

 

またこのポケモンの考察を怠ってしまったのが大きな反省点。そのせいで完全に置物と化してしまった。前期みたいにちゃんと環境に合った型を作って出直してきます。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904200539j:image

クチート@石

意地

155(236)-172(252)-145- -115-73(20)

アイへ、叩き、不意、剣舞

 

クチートはこの型で間違いはなかったと思う。受けサイクルが増えていたのでドヒドイデをアイへで突破する試合が多く楽しかった。天候パなども剣舞不意で全抜きしたり気持ちよかったです。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904201000j:image

ポリゴン2@奇石

生意気

191(244)-100-110-127(12)-161(252)-72

恩返し、冷ビ、電磁波、再生

 

コケコに対する+1冷ビの乱数がズレるため端数をcに振った。マンダの恩返し×2が怪しい為cとdを削ってもう少しbに回すべきだと感じました。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904201548j:image

ミミッキュ@ミミッキュz

意地

155(196)-143(156)-119(148)- -126(4)-117(4)

じゃれ、影、呪い、トリル

 

無難に強い。ミミクチが強い。来期もミミクチは使いたい。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904202009j:image

ゲンガー@石

臆病

159(188)- -100-190-124(68)-200(252)

ヘド爆、祟り目、鬼火、守る

 

特化レヒレのミズz最高乱数以外耐え。レヒレグロスに刺さる鬼たたヘド爆は確定で、ラスト1枠はほぼ初手に投げていたので安全に早めにメガ進化出来たりターン管理や様子見が出来る守るにした。構築名のお祈りはこいつのせい。クチートからじゃれを取り上げるほど命中不安を嫌っていたのに鬼火なら当たると思って2日間使ってみたが全く当たらなかった。二度と使わん。

 

f:id:maygirl_pokemon:20180904202011j:image

ランドロス@バンジのみ

腕白

196(252)-165-151(220)- -105(36)-111

地震、撃ち落とす、身代わり、ビルド

 

非力さんが使っていたカグヤの放射を身代わりが耐えるやつ。鬼火や電磁波で上手く起点を作れれば全抜きも可能なスペックがあった。マンダやグロスに勝てると思っていたがどうしても被弾回数が多く急所や怯みで何回も負けたので処理速度の重要性を改めて感じた。

 

 

前期がある程度良い結果が出た分構築を練ったり環境を考察することをサボってしまった結果終盤のギリギリになって構築を変える羽目になってしまい勝ち切れなくて非常に悔しい思いをしました。来期は言い訳せず全力でやろうと思います。

 

何かありましたら@pokemon_yabu まで